タッチでアプリをコントロール。新型MacBook Proのコンセプトに惚れちゃいそう

タッチでアプリをコントロール。新型MacBook Proのコンセプトに惚れちゃいそう 1

いや、惚れるでしょこんなの

Proたる利便性、Proたる性能、そしてProたるスタイル。MacBook Proが「Pro」である理由として。他のMacBookにはない優位性が欲しいところです。そして次世代のProは?というと、新型MacBook Proはファンクションキー部分にタッチバーが搭載されるらしいのです。

そんな次期Mac Book Proのコンセプトイメージが公開されていました。

タッチでアプリをコントロール。新型MacBook Proのコンセプトに惚れちゃいそう 2

コンセプトイメージでは、次期MacBook Proも12インチMacBookのように薄くスタイリッシュに。キーボードもバタフライタッチの薄型キーボードとして描かれています。

タッチでアプリをコントロール。新型MacBook Proのコンセプトに惚れちゃいそう 3

MagSafe2は廃止され、接続ポートはすべてUSB-Cへ。コンセプトイメージでは左右に2基ずつ。合計4基のUSB-Cが備わっています。

タッチでアプリをコントロール。新型MacBook Proのコンセプトに惚れちゃいそう 4

タッチバー部分はたんなるファンクションキーの置き換えでなく、アプリを制御するような機能が追加。カレンダーの情報が表示されたり、iTunesなどのオーディオコントロールができるようになっています(あくまでもコンセプトですが)。

タッチでアプリをコントロール。新型MacBook Proのコンセプトに惚れちゃいそう 5

暗闇ではキーボードとタッチバー部分がバックライトによって浮かび上がります。うわ、カッコいい

こちらのコンセプトを制作したのはMartin Hajekさん。もちろん、あくまでもまだ噂のレベルで、その真偽の程は謎のまま。おそらく間近に迫ったWWDC 2106でその全貌が明かされることでしょうが、本当にこうなったらステキです。ステキすぎます。

現在この原稿はMacBook Pro(13 Retina)で書いているのですが、本当にこんな姿と機能で登場したら、MacBook Pro買い直したくなっちゃうぜ…

タッチでアプリをコントロール。新型MacBook Proのコンセプトに惚れちゃいそう 6

source: Martin Hajek

(小暮ひさのり)