次期MacBook Proの有機ELタッチバー、実現したらこんな感じ?

次期MacBook Proの有機ELタッチバー、実現したらこんな感じ? 1

こりゃ悪くなさそう。

先日、本体らしき部品も流出した、有機ELタッチバーやTouch IDを搭載するとされる「次期MacBook Pro」。長らく変化のなかったMacBook Proのデザイン変更に期待している人も多いと思いますが、そんな中、海外サイトのCult of Macが次期MacBook Proのコンセプト動画を公開しています。

動画中の次期MacBook Proでは、数字キーの上にタッチ操作が可能な有機ELタッチバーが搭載されています。ここをピピっと押せば、従来のファンクションキーやそれ以外の機能も呼び出すことができます。デザイン的には悪くないのですが、なんだかWindows PCのような印象も受けます。

次期MacBook Proの有機ELタッチバー、実現したらこんな感じ? 2

むしろ有機ELタッチバーで期待される機能といえば、この「アプリごとの専用ファンクションキー」でしょう。特に画面にボタンの散らばりがちなグラフィック系や動画系、音楽系のソフトで便利に使うことができそうです。

次期MacBook Proの有機ELタッチバー、実現したらこんな感じ? 3

ただし、物理的なボタンがなくなることにより「操作性がちょっとだけ落ちるかも」という懸念もあります。あまり気にする必要はないかもしれませんが、やっぱり物理ボタンのほうが押しやすいよ…という人もいるかもしれません。

次期MacBook Proでは、その他にも薄軽な「MacBook風のデザイン」が採用されるとの情報もあります。個人的には新型キーボードを搭載してより薄く、軽くなってくれると嬉しいのですが…。もしかしたら来週から開催される「WWDC 2016」にて発表されるかもしれない次期MacBook Pro、どんな変化が起きるのか楽しみですね!

次期MacBook Proの有機ELタッチバー、実現したらこんな感じ? 4

source: YouTube

(塚本直樹)