マッドマックス風のアメコミ版「チキチキマシン猛レース」がクレイジー!

アメコミ版「チキチキマシン猛レース」

ケンケンはハイテク犬に!

ロゴが一新され、中国人のスーパーマンの登場が予告されるなど、新たな取り組みを熱心に行っているDCコミックスが、今度はハンナ・バーベラ・プロダクションと手を組み、独自のアレンジを加えたコミック版「チキチキマシン猛レース」を発売しました。

マッドマックス風のアメコミ版「チキチキマシン猛レース」がクレイジー! 1

コミック版「チキチキマシン猛レース」こと「Wacky Raceland」は文明が崩壊した地球を舞台に、凄まじい力を持った謎の存在“アナウンサー”によって集められた者たちが意志の宿ったマシンを駆り、勝者に約束された理想郷を求めて放射能まみれの荒野でレースを繰り広げるという物語。

個性的なレーサーが、その個性を反映したマシンでレースするという基本形は保ちながらも、彼らがレースをする理由にポストアポカリプスSF的なテイストを入れた作品となっています。

マッドマックス風のアメコミ版「チキチキマシン猛レース」がクレイジー! 2

マッドマックス風のアメコミ版「チキチキマシン猛レース」がクレイジー! 3

キャラクターやマシンの名前は基本的に変更されていないものの、デザインはSFな設定にもとづいて大胆にアレンジされています。ブラック大魔王の特徴でもある紫と赤の縦縞の帽子は、ドレッドヘアーで表現されていて超カッコイイです。

そして看板キャラクターのケンケンは、アニメではほぼ獣人でしたが、本作では完全に犬のため、笑ったり、しゃべったりはしません。しかしながら、取り付けられたハイテク装備でブラック大魔王をサポートします。

他にもモンスター(フランケンシュタインの怪物のようなキャラ)は異形っぽくなっていたり、熊八は熊の毛皮を剥いで着ている男になっていたりと、リアル(?)路線に変更されています。

彼らが乗るマシンもポストアポカリプスらしい武骨な改造がされていながらも、シャープさのあるデザインがたまりません。第1話の段階ではあまり細かくは語られていませんが、どうやらその見かけによらず、人工知能が入っている超ハイテクなマシンのようです。

アナウンサーが一体何者なのか?もほとんど明らかになっていませんが、高度なテクノロジーでレーサーに装備とマシンを与えているようで、彼の正体となぜレースをしているのか?という部分が物語の鍵となりそうです。

また、1話の最後にはオマケのエピソードが収録。こちらではポッポSL(Arkansas Chuggabug)に乗るヨタロー(Lazy Luke)、熊八(Blubber Bear)がレーサーとなる経緯が語られています。もしかすると、こういったオマケエピソードで各レーサーを紹介していくのかもしれません。

とにかく「チキチキマシン猛レース」とはだいぶ違うシリアスでハードなポストアポカリプスもの。ゴア表現もたっぷりのレオナルド・マンコのアートもかっこよく、続きが気になるストーリーの良作となっています。

基本コンセプトとしてはマッドマックス風「チキチキマシン猛レース」ですが、映画「デスレース2000年」的なノリも感じる作品です。

ただ、個人的に一番近いと感じたのはゲーム「ボーダーランズ」シリーズ。ポストアポカリプスのノリとハイテクが共存している世界観が好きな人にはたまらないシリーズとなるでしょう。

第1話の試し読みはCOMICBOOK.COMにて公開中です。レースが始まる前の部分ですが、キャラクターやマシンがひととおり登場しているので、雰囲気はつかめるかと思います。

ちなみに「Wacky Raceland」はDCコミックスが打ち出した、コミック版ハンナ・バーベラ作品の一本。この他にも「フリント・ストーン」や「スクービー・ドゥ」などが今までとは一味違う形でコミック化されています。

今回紹介した「Wacky Raceland #1」は全国のアメコミ取扱店で発売中。電子版はComixologyで販売されています。

© 2016 DC Comics

source: Comic Vine, DC Comics, Comixology, Comicbook.com

傭兵ペンギン