ホラー映画「死霊館2」の鑑賞後に亡くなった男性の遺体が消失

映画よりも恐ろしい事件が発生?

シャレになりません。

イギリスのエンフィールドで起きた世界で最も有名なポルターガイスト現象がベースとなっている、ジェームズ・ワン監督のホラー映画「死霊館 エンフィールド事件」。

予告編ですでに怖く、先に公開されたアメリカでも、シリーズ2作目である本作の怖さは前作以上だと評判を呼んでいます。しかし、本作の心霊現象よりも恐ろしい遺体消失事件がインドで発生したそうです。

GeekTyrantが取り上げたThe Times of Indiaの記事によると、インドのSri Balasubramaniar劇場で上映中の「死霊館 エンフィールド事件」を鑑賞していた65歳の男性が、クライマックスで胸の痛みを訴え、一緒にいた人物に連れられて地元の病院に運び込まれたものの、亡くなったとのこと。

これだけでも残念な話ですが、問題はここから。亡くなった男性を病院へ連れてきた人物に、検視のために遺体を別の病院へ移すように、病院のスタッフが言ったところ、その人物は遺体とともに消え去ってしまったそうです。

彼らは邪悪な何かに連れ去られてしまったのでしょうか……? 真相はわかりませんが、「死霊館 エンフィールド事件」の鑑賞へ劇場に足を運ぶ際には、覚悟を決めたほうがいいかもしれません……。

映画「死霊館 エンフィールド事件」は7月9日(土)新宿ピカデリーほか全国公開。

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

source: The Times of India via GeekTyrant

中川真知子