テクノロジーの発達した現代において、あえて中世の手法で城を建てるプロジェクト

完成前に訪ねてみたい…。

フランスはパリから2時間のところにあるゲドゥロン城中世に建てられたようにみえるこのお城は、なんと現在、築城中です。それも現代の手法は一切使わず、中世当時の技術と道具だけを用いて組み立てようとしているそうで。つまり、石やタイルなど建築資材の調達からして、数百年前と同じ手法で行なっているのです。

1997年から着手されたこの城の建設は、完成までには25年かかるとされているので竣工はまだ先のこと。ですが、21世紀に生きる現代人が当時の手法で13世紀の城を建てるプロジェクトは人々の注目を集め、未完の城ではあるもののすでに観光地となっています。

ゲドゥロン城についてさくっと知りたいならこの動画、プロジェクトについてじっくりと観たいならBBCによる1時間22分のドキュメンタリーをどうぞ。

こちらはBBCのドキュメンタリー。

1997年から作りはじめたというのも驚きですが、完成に25年もかかるとはさらに驚きます。「中世の様式の城が中世の手法によって現代に建てられる」、なんとも不思議な面白さ...。

Casey Chan - Gizmodo SPLOID[原文

(たもり)