MicrosoftがWWDCのアフターパーティーを勝手に企画、参加無料で撒き餌びっしり

MicrosoftがWWDCのアフターパーティーを勝手に企画、参加無料で撒き餌びっしり 1

大盤振る舞いのねらいはどこに?

Appleの開発者向けカンファレンス、WWDCが6月13日(日本時間では14日午前2時)に開かれます。何が発表されるかなー、なんてワクワクしていたら、思わぬ外野からWWDCにからみついたニュースが飛び込んできました。Microsoftが、WWDCのアフターパーティーを開くっていうんです。

Xamarin & Microsoft WWDC 2016 Party: THE FUTURE OF APPS」と題されたそのパーティーは、WWDC終了直後の6月13日午後5時から、WWDC会場から1ブロックはさんですぐの場所で開催されます。

MicrosoftがWWDCのアフターパーティーを勝手に企画、参加無料で撒き餌びっしり 2

参加費用は無料、WWDCへの参加有無は問わずで、フリードリンクにフリーフード、くじ引きで「Apple Watch」やら「Xbox One」も放出するし、Parrotのドローンみたいなオモチャもあるし、なんならマッサージチェアも使っていいよ!という大盤振る舞いなんです。

ちょっと待って「Xamarin」って何?と思われたかもしれませんが、そこがこのアフターパーティーのミソなんです。Xamarin(ザマリン)とはMicrosoftが今年買収した会社で、プラットフォーム横断でのアプリ開発支援ツールをいろいろ作っています。今回のパーティーでは、Test Cloudという1,000種類以上のデバイスでのアプリのテストが簡単にできるツールのデモとか、エンジニアによるガイドが予定されています。

また、MicrosoftだってiOSデベロッパーのひとつで、OfficeやOutlook、SkypeやMinecraftやCortanaなどなどをiOS向けに作っています。パーティーの中では、それらを実際開発している人たちのトークもあるみたいです。

…というMicrosoft側のねらいはさておき、WWDCの反省会しながらタダで飲んだり食べたりできるし、他のiOSデベロッパーとも交流できそうだし、WWDC参加者の方々にもそうじゃない人も、とりあえず行っとこうかなってなりそうですよね。そんなわけで、参加登録用ページにはもう「SOLD OUT」の文字があります。

source: wwdcparty.ms via TNW

(miho)