良いこと尽くめじゃないか。新型ソーラーパネル道路をテスト運用へ

良いこと尽くめじゃないか。新型ソーラーパネル道路をテスト運用へ 1

一石五鳥くらい狙っております。

アメリカのミズーリ州交通局は、国道66号線の一部にソーラーパネルを敷設すると発表しました。道路の脇に並べるのではないですよ。道路自体の表面に、強化ガラスでコーティングされたソーラーパネルを並べるとのこと。つまり、道路自体が太陽発電をするということです!

道路を使って発電するというアイデアは、高速道路を走る車が起こす風を使った発電や、タイヤと道路の摩擦を使った発電など、これまでにも何度か提案されてきました。

道路自体にソーラーパネルを敷き詰めるアイデアも少しずつ試されてきており、今回のミズーリ州交通局のプロジェクトもそれに連なるものです。

...しかしこちらの道路、ただ発電をするだけじゃないようです。

アイダホ州のスタートアップ、Solar Roadwaysとの提携で行われるこのプロジェクトは、今年末、できれば雪が降るまでには完成してしまいたいと声明を出しているんです。

雪? なんで?

それから、The Next Webのレポートによると、Solar Roadwaysは連邦道路管理局からの1000万円(10万ドル)の助成金と運輸省からの7600万円(7万5000ドル)の研究資金補助を受けてプロトタイプを製作したあと、 クラウドファンディング・サービスのIndiegogoを使って2億円(200万ドル)も集めたのだといいます。

クラウドファンディングで、2億円? 衝撃の金額です。

この2つの「?」の理由は、下のビデオを見るとわかってきます。

Indiegogoのキャンペーンで使われたビデオですが、そのテクノロジーが衝撃の内容になっているんです。カジュアルな作りのアニメーションにも驚きですが、ただのソーラーパネルじゃない多機能っぷりにびっくりします。

良いこと尽くめじゃないか。新型ソーラーパネル道路をテスト運用へ 2

ソーラーパネルの道路と聞いてまず心配になるのはその頑丈さ。しかし、このソーラパネルはトラクターが上を通ってもまったく問題ないとのこと。

良いこと尽くめじゃないか。新型ソーラーパネル道路をテスト運用へ 3

それからモジュール式なので修理・拡張が非常に簡単なんですね。ソーラーパネルにとってメンテナンスが簡単であることはかなり重要です。このように六角形のモジュールを組み合わせて敷設されるようです。

良いこと尽くめじゃないか。新型ソーラーパネル道路をテスト運用へ 4

そして雪が降る地域では熱を生むシートを組み込むことで路面に雪がつもったり、路面が凍結することを防ぐことができると。

だから「雪が降るまでに完成させたい」と言っていたんですね。もちろん電気はパネルが発電した電気をそのまま使えるわけですから、効率も良いです。自治体にとって雪対策って実は大きなコストなんですよね。除雪車を毎日走らせたり、除雪の塩が車の下部の部品を劣化させたり、もちろん路面凍結は事故の原因になります。

今回は国道への敷設ですが、自宅前の歩道、通学路などに設置すれば雪かきの必要がなくなるかもしれません。

良いこと尽くめじゃないか。新型ソーラーパネル道路をテスト運用へ 5

さらにLEDライトも埋め込まれているので複数のモジュールが連携して道路標識を地面に表示させたり、文字を表示させることができます。

良いこと尽くめじゃないか。新型ソーラーパネル道路をテスト運用へ 6

良いこと尽くめじゃないか。新型ソーラーパネル道路をテスト運用へ 7

良いこと尽くめじゃないか。新型ソーラーパネル道路をテスト運用へ 8

荷重センサーを持っているので、上に何かが載った時に反応して特定の明かりをつけることもできるそうです。

良いこと尽くめじゃないか。新型ソーラーパネル道路をテスト運用へ 9

たとえば高速道路の上で立ち止まっている鹿の存在をライトでお知らせすることもできると。

この多機能っぷりです。うーん、夢が広がりますね。2億円なんて巨額を集めるのもわかる気がします。問題はコストと発電効率なわけですが、これくらい多機能なら他の行政コストも節約することができそうです。雪対策、路面凍結対策、道路の照明、野生動物による事故、道路標識などのメンテナンス、故障時のメンテナンスのしやすさ、と総合的に見た時のメリットはかなり大きいのかもしれません。

年内中の完成、楽しみですね。

source: The Next Web, The Kansas City Star

(塚本 紺)