【閲覧注意】蚊は6つの針を使って血を吸っている(動画あり)

見たくないのに見てしまう。

閲覧注意です。うっかり記事を開いてしまったアナタも、今ならまだ引き返せます。ここからは、蚊の針の拡大写真や、蚊が血を吸い取ってお腹をパンパンにさせている画像や動画が出てきます。直視する自信がない人は、引き返したほうがいいかもしれませんよ…。

…でも蚊が6本もの針を使って血を吸ってるなんて知ってました?

そうなんです、ただ肌の上に止まってプスッと1本ぶっ刺してるだけかと思っていたら、それぞれ異なる役割を持った6本の針を曲がる鞘にしまっていたんです。

ここまで聞いてしまったら、もう最後まで読むしかありませんね。DEEP LOOKが撮影したこちらの蚊ビデオ、ご覧ください。

マラリアを代表とする致命的な病原体を生き物から生き物へとうつしてまわり、世界中で一番人を殺している生き物、蚊。ただかゆいだけでも十分やっかいな嫌われ者です。しかし、その吸血システムは感心してしまうほど洗練されているんですね。

こちらの画像は血を吸っている蚊の様子。口元のあたりでくにゃりと曲がっている物が見えますか? これ、実は蚊が持つ6本の針を収めている鞘のような構造のものなんです。

【閲覧注意】蚊は6つの針を使って血を吸っている(動画あり) 1

動画ではこの鞘の中を解剖して見せてくれていますが…ここでは控えますね。

鞘に収まった針を広げて、一番外側にある2本は先がノコギリのような形になっています。これを使って人間の肌の中へと切り進むわけです。

【閲覧注意】蚊は6つの針を使って血を吸っている(動画あり) 2

次の2本は、突き刺した先の組織を引き離した状態でキープするために使われるそうです。逆ピンセットです。

【閲覧注意】蚊は6つの針を使って血を吸っている(動画あり) 3

残りの2本のうちの1本は、血管が放つ化学物質を感知する受容体を先端に備えており、体内の血液のありかを探り当てます。

【閲覧注意】蚊は6つの針を使って血を吸っている(動画あり) 4

 皮膚の内側でぐぐぐ…と動いて、血液の場所を探っているのがわかります…。

【閲覧注意】蚊は6つの針を使って血を吸っている(動画あり) 5

そして最後の1本からは、化学物質が注入されます。それによって血液の流れが良くなり、吸いやすくなるとのこと。この物質のせいで、蚊に噛まれた後の皮膚が赤くぷくっと腫れてかゆくなるそうです。

そうやってお腹を我々の血でいっぱいにして、メスの蚊は赤ちゃんを生むわけですね…許せません!

【閲覧注意】蚊は6つの針を使って血を吸っている(動画あり) 6

しかし蚊のような小さい虫にもこんなに複雑な構造が隠されているとは感心です。虫のズーム映像が苦手でなければ、必見の動画ですよ。

source: DEEP LOOK / YouTube

Casey Chan - Gizmodo SPLOID[原文

(塚本 紺)