三菱東京UFJ銀行が独自の仮想通貨を来秋発行、大手銀行の一般向けコインは世界初

三菱東京UFJ銀行が独自の仮想通貨を来秋発行、大手銀行の一般向けコインは世界初 1

広がる「お金」の考え方。

三菱東京UFJ銀行が、来年秋、独自の仮想通貨を一般利用者向けに発行することが明らかになりました。オリジナル通貨の名前は「MUFGコイン」。大手銀行が仮想通貨を一般向けに発行するのは、これが世界初の試みとなります。

MUFGコインは、三菱東京UFJ銀行の口座にある預金を、1円=1コインとして交換できます。ユーザー間でコインで送金したり、海外でコインを外貨として引き出せることが大きな特徴。その際の手数料が安いのが、ユーザーにとっての大きな魅力となります。

また、MUFGコインはスマートフォンの専用アプリに取り込むことができ、三菱東京UFJ銀行の口座を持っていなくてもコインの利用が可能。スマートフォンをかざして現金を引き出せる、新型ATMの導入も予定しています。同行利用者に使用を限らないことで、市場の拡大を狙います。

ApplePayやGoogle Walletが、海外で少々普及に苦戦する中、日本は電子マネー/モバイル決済の存在が、比較的、広く一般に受け入れられているといえます。Suicaしかり、nanacoしかり。一方、仮想通貨の認知度は低いのではないでしょうか。ビットコイン取引所マウントゴックス倒産のニュースの影響もあり、「よくわからないけれど、胡散臭いもの」という印象がある人が多いのでは。MUFGコイン、大手メガバンクが支える仮想コインの登場によって、どこまで普及が進むのかに注目です。

それにしても、少々覚えにくい名前ですねぇ。「MUFG」は三菱UFJファイナンシャル・グループの略で、銀行のロゴにもなっています。なので、それをそのままコイン名に採用したのはわかるのですが、三菱東京UFJ銀行の利用者じゃなければ馴染みがないアルファベット。正直、コイン名としては、キャッチーじゃない気がしますけど。

現金、電子マネー、仮想通貨、ポイント、ゲームの中のクローバーや鍵など、「お金」の幅はどんどん広がっていきますね。

source: Yahoo!

(そうこ)