夢の若返り薬「NMN」がついに人体実験へ

夢の若返り薬「NMN」がついに人体実験へ 1

人類の夢、若返りの薬が本当に発明されそうです。

老化を防ぐ夢のような成分、NMN(ニコチンアミド・モノヌクレオチド)が発見され、マウス実験では、寿命も延びたことが実証されました。そしてお次は人体への試験です。

米セントルイス・ワシントン大学と慶応大学が7月にも国内で臨床試験を開始する計画で、10人の健康な人にNMNを投与、安全性の確認をした後、数年かけて体の機能の改善効果の有無を調べます。その結果が良好なら世界初、本当に効果あるアンチエイジング薬品として市場に登場するはず。

夢の若返り薬「NMN」がついに人体実験へ 2

ワシントン大学教授の今井眞一郎氏は、NMNがサーチュイン遺伝子を活性化させることを発見したこの研究の第一人者。NMN(βニコチンアミドモノヌクレオチド)は、加齢に伴い働きが弱まるサーチュイン遺伝子(別名、長寿遺伝子)に働きかけ、老化の速度を弱めると言われています。サーチュイン遺伝子は、昆虫から哺乳類までほとんどの生物が持つ遺伝子で、これを活性化させると寿命が20~30%ほど延びるとされていて、人間に応用すると寿命が100歳以上に延びることになります。

マウス実験では、寿命が16%延びたり、糖尿病のマウスに1週間NMNを投与したら血糖値が正常になるなど、劇的な効果が得られています。もちろん、人間に同じように作用するかどうかはこれから実証されていくわけですが、研究者の中には、そう簡単にうまくいかないだろうという見方も多いようです。特にアンチエンジングに関した分野では、マウスを用いた研究でうまくいっても人間の研究で必ずしも同様に作用するとは限らないもの。

でもマウスほどではないにせよ、人間に対してもプラスの効果は期待しても良いはず…ですよね? なんなら私が試験に参加したかった…!

source:The Japan News

The Japan News - Gizmodo US[原文
(mayumine)