犬の起源に関するわれわれの認識は間違っていたようだ

犬の起源に関するわれわれの認識は間違っていたようだ 1

「犬の起源」で検索すると「中央アジア」、「ヨーロッパ」、「中国」などいろいろいろいろ出てきて「どれが本当なんだ!」となりますが、オックスフォード大学率いる国際チームの遺伝子研究で実は、2つの異なる古代オオカミからめいめい勝手に犬になっていたことがわかりました。

しかも家畜化が起こったのはユーラシア大陸の東西両端。犬は東と西で、同時多発的に人間と暮らすようになっていたのであります。

犬が最初に現れたのは15,000年前の、農耕が始まる遥か以前のことでした。犬は人間に飼われた最初の動物です。もともとは古代オオカミだったのですが、飼って犬にしたのがヨーロッパが先かアジアが先かで、ずっと綱引きが続いていました。

従来の研究では犬が家畜化されたのは1度きりと考えられていたので、その時期と場所をめぐって議論が白熱していたんですね。ところが「これぞ最初の犬」と思われる骨はアジアの遺跡からもヨーロッパの遺跡からもゴロゴロ出土しています。なんか変だな…と、みんな心の底では薄々感じてはいたはず。

それもそのはずで、今回調べてみたら犬の家畜化は少なくとも2回、2つの場所で別々に起こっていたのです。

犬の起源に関するわれわれの認識は間違っていたようだ 2

仏フォン=ドゥ=ゴーム洞窟のオオカミ風ワンコの壁画 © Henri Breuil

遺伝子情報を照合の結果、大陸の東西に生息した絶滅種のオオカミまで犬の起源を遡ることができたわけですが、この謎を解く鍵となったのが、アイルランドの新石器時代のニューグレンジ羨道墳から出土した4,800年前の中型犬の骨のDNAです。

「DNAの保存状態が最高に良く、稀に見る質で先史時代のゲノム情報を得ることができた。過去から届いた絵葉書なんてもんじゃない。情報全部盛りの小包が速達で届いたようなものだった」と、論文主著者のダブリン大学トリニティ・カレッジのDan Bradley集団遺伝学教授はいまだに興奮冷めやらぬ様子。

教授のチームはパリの国立自然史博物館研究員たちの協力を得て、3,000~14,000年前の古代イヌ59匹の遺骨からミトコンドリアDNAを採取・分析し、ニューグレンジの犬のぶんも含めて、遺伝子シグネチャーを現代の犬2,500匹以上のゲノム情報(既存データ)と比較してみました。

「現代のDNAから過去を再構築する作業は、史書を読み解くのにちょっと似ており、重大な部分が途中で抜け落ちてもそれを知る術がない。一方、古代のDNAはタイムマシンのようなもの。直に過去を観測できる」と、オックスフォード大学のLaurent Frantz研究員は声明で書いてます。

犬の起源に関するわれわれの認識は間違っていたようだ 3

最古の犬の起源&年代マップ © L. A. F. Frantz et al., 2016

アジアとヨーロッパで別々に発生してきた様子を整理すると、以下のチャートのようになります。最初の犬が現れた後、ヨーロッパでは犬が大量死し、そこに東アジアから大量に犬が流入しているのがわかります。因みに、最初の犬が現れた年代はアジアとヨーロッパが12,000年以上前、中央アジアは古くて8,000年前。

犬の起源に関するわれわれの認識は間違っていたようだ 4

2極起源説を図にまとめたところ © L. A. F. Frantz et al., 2016

話を整理すると…犬の祖先のオオカミがアジアとヨーロッパの二手に分かれて、それぞれ人間になつき、そして絶滅した。2ヶ所同時に家畜化が起こり(約6,400年前)、しかるのち東の犬はヨーロッパに移住する人間にくっついてヨーロッパに移住し、交配し、欧州の従来種を一部置き換えた…とまあ、こんな流れになります。

現代ワンコは東西交配種がほとんど。今の犬のDNAが容易に解読できないのはそのためだったんですね。グリーンランドの犬ぞりの犬やシベリアンハスキーのように、西ユーラシア大陸と東アジアの両方の系統を持っている犬も一部いる、と研究者たちは話しています。

もしかしたら証拠がないだけで、起源はひとつなのかもしれませんけどね。

今後は現代と古代の犬の遺伝子情報に物理分析・考古学研究を加えて時系列の流れを整理し、犬の起源の決定打に迫る予定です。たとえばオーストラリアのディンゴ(野犬)は東アジアの犬の子孫なので、あれとヨーロッパの古代の犬のDNAを比べて共通項がなかったら2極説で決定、かも。

Top image: A modern wolf/Shutterstock

source: Science

George Dvorsky - Gizmodo US[原文

(satomi)