ハンドルもブレーキもなし。ロールス・ロイスが発表したドライバーレス車が未来的すぎる

ハンドルもブレーキもなし。ロールス・ロイスが発表したドライバーレス車が未来的すぎる 1

もはやクルマじゃない。

イギリスの超高級車メーカーロールス・ロイス。乗ることはおろか、見かけることさえ少ない、憧れの名車です。

こちらは、そのロールス・ロイスの親会社であるBMWの100周年イベントでお披露目されたコンセプト。「Next 100」と題されたテーマには、「次の100年を象徴する車」という意味合いがあるそうです。

なんといっても特徴的なのが、この内装。ご覧の通り、ハンドルはもちろん、ブレーキギアなど、従来の車に不可欠であった要素が完全に排除されています。

目的地に着くまで、ワインでも飲みながら映画鑑賞なんて、もはや移動するホテルといったところでしょうか。

ハンドルもブレーキもなし。ロールス・ロイスが発表したドライバーレス車が未来的すぎる 2

床に敷き詰められているのは、いかにもフワフワそうな純白の絨毯。このあたりは、さすがロールス・ロイスといったところです。

ハンドルもブレーキもなし。ロールス・ロイスが発表したドライバーレス車が未来的すぎる 3

タイヤのかたちも特徴的。ちなみにこちらはあくまでコンセプトのため、実際の走行は出来ないとのこと。

ハンドルもブレーキもなし。ロールス・ロイスが発表したドライバーレス車が未来的すぎる 4

「全面ガルウィング」とでもいうべきドア。これなら、乗り込む際にかがむ必要さえありません。

ハンドルもブレーキもなし。ロールス・ロイスが発表したドライバーレス車が未来的すぎる 5

運転はもちろん自動で、エネルギーは電気。自動車の概念を完全に覆す「未来カー」ですが、本当にこんな車が街を走る日がやってくるのでしょうかね。

image by Rolls-Royce via Bloomberg

source: Bloomberg

(渡邊徹則)