世界初! タトゥー・アーティスト用の義手

タトゥー・アーティスト 義手

武骨さはフュリオサ大隊長。でも、すごく器用に動きます。

22年前に右肘の下から半分を失ったものの、タトゥー・アーティストとして活動している、フランスのJC Sheitan Tenetさん。彼は先日、同国のアーティストJL Gonzalさんより、タトゥーを彫れる義手を贈られ、その機能と造形が話題となっています。

まずは動画で実際に作業をしている様子をどうぞ。

こちらはboredpandaが取り上げた、Apolonis Aphrodisiaの動画。

JL GonzalさんのFacebookを見ると、これまでは左手で仕事をしていたようですが、このタトゥー・アームを装着することで、失った右手でも作品が描けるようになったのは彼の人生にとって大きなイベントになったようです。

タトゥー・アーティスト 義手

彫ってもらった人も記憶に残りそう

タトゥー・アーティスト 義手

ご満悦の表情

まさに「デウスエクス」の、サイバーパンクなオーグメンテーションのようです。

source: YouTube, Facebook via boredpanda

岡本玄介