「最も汚い色」だからこそできる仕事

「最も汚い色」だからこそできる仕事 1

色の合う、合わないはあるけれど、汚い色ってあるのかな。

パントン448C。泥やネバネバした粘液を思わせるこの茶色。オーストラリアのある調査で、「最も汚い色」に選ばれてしまった不名誉な色です。まぁ、色そのものというよりも連想させるイメージのせいですかね。しかし、この「汚い色」だからこそできる仕事があります。

消費者動向を探るオーストリアの調査会社GfKが、2012年に16才から64才の喫煙者1,000人を対象に行なった調査で、最も多くの人が「不快」「汚い」と感じたのがこの色、パントン448Cでした。そこで、オーストラリアでは、この色をタバコのパッケージに使用することにしました。汚いと感じる色を採用することで、禁煙の手助けになるのではと考えたのです。

この「汚い色」を使ったアプローチはイギリスでも始まります。5月にタバコのパッケージについての新たな法律が成立し、パントン448Cをメインカラーと使う、ブランド名に使うフォントも位置も銘柄/会社問わず共通とするなど、厳しいパッケージデザインの条件が定められました。これらの指針は、2008年にこれまたオーストラリアで行なわれた調査に基づいており、それによれば、文字が小さく、味気なく、茶色いパッケージデザインは、消費者にとって魅力が劣るという結果がでています。

5月31日=世界からタバコをなくそうデーには、オーストラリアの例を挙げ、WHOもタバコのパッケージングについて、各国に呼びかけています。

「汚い色」だからこそできる仕事です。こんな色の歯や肺は嫌だもん。

image by Pantone

source: Smithsonian Mag via Guardian, Brisbane Times

Carli Velocci - Gizmodo US[原文

(そうこ)