ノートに描いた落書きと同じ写真を探す人工知能

ノートに描いた落書きと同じ写真を探す人工知能 1

なんでもできるね、人工知能さん。

アメリカはアトランタ州にあるジョージア工科大学にて、James Hays氏が率いるコンピューターサイエンスチームが開発したのは、お絵描きから写真を探すプログラム。ノートにサララーっと描いた絵をスキャンし、それに似た写真を見つけてくれます。

絵に似た写真を探すためには、いくつかのプロセスが必要です。まず、絵に何が描かれているのかを解析します。そして、多くの写真から絵にあるモノが写っているがどうかを精査し、中から最も絵に近いものを選びマッチングします。

プログラム開発は、協力者664人合計4,000時間もスケッチをする大掛かりかつ地道な作業の賜物です。結果、ジョージア工科大学のテストでは、プログラムのマッチング成功度は37%。なんだそんなもんか、と思いました? でも、この数字、かなり厳しいチェックによる結果なのです。絵にまあまあ似てるレベルではなく、かなり近い写真をピックした場合の成功度であり、人間が行なってもその成功度は54%程度だといいます。

Hays氏は、絵から写真を探す場合に、絵に写っているものを言葉に変換して説明するのは難しいと考え、今回の方法を選んだとのこと。確かに、ビジュアルを1度言葉にし、またビジュアルに落とし込むのはズレが生じやすいものです。そう考えれば、視覚から視覚で検索するのが、最も効率がいいのかもしれませんね。プログラムの開発が進めば、犯罪者の似顔絵と警察のデータベースを照合することで、犯罪者摘発のシーンでも役立つのではと考えられています。

source: New Scientist

(そうこ)