Amazon、また危険薬品を普通に発送で罰金。過去2年で25回目

Amazon、また危険薬品を普通に発送で罰金。過去2年で25回目 1

お手軽すぎるだろ、と。

米Amazonが、連邦航空局(FAA)から、35万ドル(約3700万円)の罰金を言い渡されたことが明らかになりました。罰金の理由は、法で定められた危険物扱いをしない状態で、危険物を発送したこと。

2014年に、ケンタッキー州からコロラド州に発送された「Amazing! Liquid Fire」という商品。これはパイプの洗浄液で、本来なら危険薬品として取り扱うべきものでした。が、これをAmazonは通常発送。危険物のラベルもないうえに、梱包もお粗末だったせいで、液体が漏れてしまいました。輸送に携わり液体に触ったUnited Parcel Serviceの職員9人が、薬品洗浄を行なう事態となりました。これで、罰金35万ドル。

Amazonは、サービスの向上とFAAと協力していくことをコメントしてますが、FAA側が少々うんざり顔。過去2年、Amazonは危険物取り扱いルールを無視した危険物発送で、24回もFAAから指導を受けています。FAA側に、いい加減にしろよという雰囲気があるのもわかります。

なんでもかんでも売っているAmazonだけに、なんでもかんでも同じ梱包、配送方法じゃダメです。

image by Hadrian / Shutterstock.com

source: FAA via Reuters

Angela Chen - Gizmodo US[原文

(そうこ)