Apple、Google...テクノロジーの最先端。米国の特許を検索して楽しもう

Apple、Google...テクノロジーの最先端。米国の特許を検索して楽しもう 1

新型iPhoneの新機能を自分で見つけられるかも。

AppleGoogleが取得した特許がよく話題になります。テック通は特許まで調査してるのか、すごいな...と思った方もいるかもしれませんが、実は米国の特許は検索が非常に簡単。

特許を管理しているアメリカ合衆国特許商標庁(USPTO)のデータベースに行けば誰でも検索ができるんです。

上の画像はデータベースのWebページ。左上の「Quick Search」をクリックすると検索ワードを入力するページに飛びます。

Apple、Google...テクノロジーの最先端。米国の特許を検索して楽しもう 2

「Term1」の横に「Google」や「Apple」といった検索ワードを入力して「search」をクリックすればズラッと大量にワードが含まれる特許のリストが表示されます。

タイトルを見て面白そうなものをクリックしましょう。英文で説明がズラッと並びますが、画面上部、中央にある「image」というリンクをクリックするとその特許で提出されたデザインや設計などが表示されます。

検索はデフォルトで「AND」になっているので例えば「Term1」に「Google」、「Term2」に「wearable」と入力して検索すればGoogleによるウェアラブル関連の特許が見られるということ。

Apple、Google...テクノロジーの最先端。米国の特許を検索して楽しもう 3

例えばこちらの特許(No.9362775)ではウェアラブル・デバイスを着けた状態で充電をする技術をGoogleが出していることが分かります。これは実用化されてもおかしくないですね。

Apple、Google...テクノロジーの最先端。米国の特許を検索して楽しもう 4

こちらは「Apple」と「book」で検索したところ出てきた「リンゴ型の本」の特許(No.D759,751)。「ほぉーAppleはこんなアナログかつランダムな物まで特許申請してるのか...」と真剣に考えてしまいましたが、こちらは全く関係無い方の特許でした。

Googleは大丈夫ですが、Appleで検索する時は要注意。Appleが本来の「リンゴ」の意味で使われている場合も検索ヒットしますからね。会社名で検索する場合はField 1の箇所を「Assignee Name(権利者)」に指定しましょう。

Uberの値段変更承認システムトヨタのバイポーラ固体型電池LGの衣服乾燥機、とテクノロジーの最先端ここにあり、という感じで面白いですよ。気になる会社は検索してみると楽しい発見があるかもしれません。

source: USPTO

(塚本 紺)