セレブのみなさん、お金払うのでFacebook Live使ってください

セレブのみなさん、お金払うのでFacebook Live使ってください 1

セレブ力。

Facebookが今最も力を入れている新機能と言えば…、Facebook Live。ザッカーバーグ氏自らがライブ配信に登場するなど、話題作りも事欠きません。そのFacebook Liveが、140人以上のセレブリティやメディア企業とタッグを組む事がわかりました。ここで言うタッグを組むとは、Facebook側がお金を支払うことで、Facebook Liveを使ってもらうということ。

契約した著名人はスピリチュアル系医学博士のディーパック・チョプラ氏や、シェフのゴードン・ラムゼイ氏、NFLのラッセル・ウィルソン選手など。メディア企業は、CNNNew York TimesBuzzFeed、そして米Gizmodoの親会社であるGawker Mediaなど。

結局、みんなネット動画が大好きなわけで、ニュースもセレブ情報もすべてを動画で一箇所に集められたら、これ以上ない場所になるわけです。だってNew York Timesのサイトで動画を探すより、セレブのホームページで情報を集めるより、ぜーんぶまとめてFacebookフィードに流れてきてくれたほうが助かりますもんね。

みんながよりフィードを見てくれれば、Facebookにはますます広告料がはいります。さすれば、Facebook Liveを使ってもらうのにお金を払うのも、大きな意味があるってものです。

image by 10 FACE / Shutterstock.com

source: Wall Street Journal

Angela Chen - Gizmodo US[原文

(そうこ)