Magic Leapの特許公開、これはヘルメット…?

Magic Leapの特許公開、これはヘルメット…? 1

THE ヘッドセット。

Magic Leapが語られるときはかならず、「莫大な資金をうけた謎に包まれたプロジェクト」というのが謳い文句の用についてきます。

655億円の巨額投資が動いてるのに内情一切不明。Magic LeapのARとは?

フライング・ロータス来日インタビュー:「2016年、Magic Leap」それが未来だ

が、その謎の一端がほんのちょっとだけ見えました。Magic Leapの特許が米国特許庁で公開されているんです。へルメットのようなヘッドセット。

Magic Leapの特許公開、これはヘルメット…? 2

VRヘッドセットというと、メガネタイプ、ゴーグルタイプなどいろいろ幅広いですが、Magic Leapの特許に描かれているのは、ヘルメットぽいデザイン。日本人には、どことなくお笑い芸人がかぶるカメラつきのヘルメットを思わせる見た目ですね…。これをかっこいいと思うかは人それぞれ。体動かすゲーム用ならば、意外とフィットしてよさそう。Google Glassのような日常使いならば、個人的には遠慮したいですかね。

この特許はデザインに関するものなので、どう動くのか、機能はどんなものがあるかなどはわかりません。Magic Leapのデザイン特許は過去にも公開されており、必ずしも特許取得=商品化ではありませんからね。あくまでも、こんなアイディアも持っているという話でね。

それにしても、今年4月のWired初代編集長ケヴィン・ケリー氏による使用レポートでは、「Magic Leapの付けはずしは、サングラス感覚」だなんて話がありましたけど、こちらはキャップ感覚なのかな。まぁ、いろんなモデルがあるのでしょう。。

image by USPTO

source: USPTO via Quartz

Michael Nunez - Gizmodo US[原文

(そうこ)