Twitterが動画まわりをアップデート。140秒までの動画投稿が可能に

Twitterが動画まわりをアップデート。140秒までの動画投稿が可能に 1

Twitterが動画まわりをアップデートしました。アップデートは昨日(6月21日)だったので、すでに気づいている人、利用している人も多いのでは。今回のアップデートの最大のポイントは、動画の尺拡大です。ツイートに添付できる動画が、今までの30秒から、最長140秒になりました。1.5倍以上ですから、かなり長い動画を見ることができるように。

また、Vineでも最長140秒の動画作成が可能になりますが、こちらは、まず一部のクリエイターへの先行公開からスタート。

動画時間延長の他にも、ツイートを開くとフルスクリーンで動画を見れたり、オススメの動画が表示される機能も、iOS/Androdにて近々追加される予定です。

Twitterと言われて真っ先に浮かぶ数字は、やはり「140」。先日、@ユーザー名や画像リンクなどは文字数としてカウントしないなど、140文字制限が緩和されたばかり。Twitter=140のイメージを残すため、動画の長さが140秒になったのかな。Twitterのラッキーナンバーなのか、どうしてもこの数字がいるようです。

image by Christian Bertrand / Shutterstock.com

source: Twitter

(そうこ)