ゴリラとジャングルで肉弾衝突! 「ターザン:REBORN」最終予告編

ターザン:REBORN

戦うときは上裸、それがジャングルの掟

英国貴族の家に生まれながらも野生児として育った男の帰郷と戦いを描く映画「ターザン:REBORN」の海外版の最終予告編が公開されました。

アクション山盛りの肉厚な映像となっていますよ!

こちらはWarner Bros. Picturesが公開したもの。

本作は、動物に育てられたターザンがジェーンと出会うという他の映画やアニメでもおなじみの物語の続き

かつてターザンと呼ばれたジョン・グレイストークは妻ジェーンとともに英国へ帰り、貴族の実業家として成功を収めて幸せに暮していたものの、何者かの手によって妻を誘拐され、故郷のジャングルが侵略を受けてしまう。ジョンは妻と故郷を救うために、ターザンとして再びジャングルへと舞い戻るのだった――といったストーリーです。

かつての仲間だったというゴリラとバトルに突入するシーンは圧巻! (編集マジックかもしれませんが)服を着て話していたはずなのに、次のシーンでは上裸でゴリラに殴りかかっているのは野性味にあふれていて最高です。

また、ターザンに欠かせないジャングルをスイングするアクションはスパイダーマンを彷彿とさせる迫力。これはデカいスクリーンで観たいですね。

しかしなにより、デカいスクリーンで見たいのは、ターザン役のアレクサンダー・スカルスガルドの鍛え上げられたボディ。厚みとキレを両立させることで、野生児としてのワイルドさと英国筋肉貴族としての気品をバランスよく表現しています。これは3Dで動きと奥行きを見たい仕上がりですよ!

『ターザン:REBORN』は7月30日(土) 丸の内ピカデリー 新宿ピカデリー他2D/3D全国ロードショー。

© 2016 Edgar Rice Burroughs, Inc. and Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

source: YouTube

傭兵ペンギン