チームラボ「学ぶ! 未来の遊園地」がこの夏、沼津にオープン

チームラボ「学ぶ! 未来の遊園地」がこの夏、沼津にオープン 1

自由研究のヒントにもなりそう。

夏休みまであと1カ月を切りましたが、お子さんのいる方々はお出かけのネタを仕込まれているでしょうか? せっかくの夏休みなので、いつもとはちょっと違う体験をしてみたいってのもあるし、できれば大人も一緒に楽しめることがしたいですよね。と思っていたら、チームラボのインタラクティブなアート作品を一挙に体験できるイベントが沼津で開かれるみたいです。

7月30日(土)〜8月28日(日)に開催される「チームラボアイランド ー学ぶ!未来の遊園地ー in 沼津」Presented by スルガ銀行」では、チームラボのテクノロジーとアートが融合した作品群を体験できます。開催期間の前半・後半で内容が微妙に変わるのですが、「お絵かきタウン」「つながる! 積み木列車」「小人が住まうテーブル」は全体を通じて展示されています。

お絵かきタウン」では、自分の描いた平面の絵が立体になって、街へと飛び出していきます。表示された絵に触れると、それに応じて絵が動いたりもして、まるで絵に命が吹き込まれるみたいです。

つながる! 積み木列車」は、ディスプレイの上に積み木をいくつも置くことで、積み木同士をつなぐ電車や線路、車や道路が現れて動き出します。

小人が住まうテーブル」は、上に置くものの形によって、小人がジャンプしたりよじ登ったり、りんごが出てきたりします。いろんなものを置いたり離したり、いつまでも遊べそうです。

これらのほか、開催期間前期には音と光の出るボールが幻想的な世界を作る「光のボールでオーケストラ」、ケンケンのパターンで反応が変わる「つくる! 僕の天才ケンケンパ」が体験できます。頭と体を同時に使いながら、全身で遊べますね。

後期には、上の「お絵かきタウン」で描いた絵がペーパークラフトになり、自分の手で立体化できる「お絵かきタウンペーパークラフト」と、東京デザインウィークでも大人気だった「お絵かき水族館」が登場します。

面白い、不思議、どうしてできるの?という思いから、テクノロジーへの興味が自然に湧いてきそうです。ここで抱いた疑問とか楽しかったことを種にして、自由研究のテーマにもできるかもしれません。

あと個人的には、沼津っていうロケーションにも惹かれます。頭も体も思い切り遊んだあとは、漁港に行って美味しいマグロ丼とかを食べるんだろうなあ。以下、開催概要です。

【開催概要】

「チームラボアイランド ー学ぶ!未来の遊園地ー in 沼津」 Presented by スルガ銀行

期間:

前期 - 2016年7月30日(土)~8月15日(月)

後期 - 2016年8月16日(火)~8月28日(日)

会場: 沼津ラクーン 6Fイベントホール(静岡県沼津市大手町3-4−1)

開催時間: 10:00~16:30(最終入場16:00)

※金曜日のみ18:30まで(最終入場18:00)

料金:当日券: 中学生以上: 1,200円、 3歳~小学生: 700円

前売券: 中学生以上: 1,000円、 3歳~小学生: 500円

※2歳以下は無料

※子ども(小学生以下)のお客様の来場には、 保護者の同伴が必要です。

※保護者は、 扶養者または20才以上のそれに準ずる方

※障がい者手帳提示者ご本人様無料(付添の方は有料となります)

問い合わせ: 静岡新聞社・静岡放送 東部総局業務部: 055-962-6520(土日祝日を除く9:00~17:00)

主催: 静岡新聞社・静岡放送


source: PRTIMES

(miho)