現実逃避にうってつけ。週末に見たい、最高で最低なSF映画13選

現実逃避にうってつけ。週末に見たい、最高で最低なSF映画13選 1

テレビ・コメディシリーズ「Party Down」にすばらしいセリフがあります。

ぼくが夢中なのは、ハードSFなんだ。ファンタジーはクソだね

わかるわかる!という方もいるのではないでしょうか?

ええ、大方の部分で同意できます。くつろげる3連休の時などにカーテンを締め切って、数時間ほど非現実的な世界を堪能することほど楽しいことはありません。そして、本気で現実逃避するためには、最高なファンタジーと最低なSFの結晶が不可欠

さて、それがどのジャンルの映画かはお分かりでしょう。最悪で、ばかばかしく、信じられないほどに最高なSF映画です。それでは、イチ押しの13作品をご紹介します。一部ネタバレがありますので、ご注意くだい。

1.「スターシップ・トゥルーパーズ」

昆虫型エイリアン、高知能の昆虫型エイリアン、デニス・リチャード、みんな大好き「天才少年ドギー・ハウザー」のニール・パトリック・ハリスと、この映画にはすべてがあります

アルゼンチン出身のはずのみなさんが完璧な英語を話しているのは変ですが、虫どもがおしりからレーザーを出して攻撃してくるところはもっと変です。それでも、「スターシップ・トゥルーパーズ」は最高の映画です。

2.「フィフス・エレメント」

よくできた映画だと言う人も多い作品。ブルース・ウィリス演じるコーベン・ダラスが、オレンジ色の髪で最高にイケてる装いのスーパー・ウーマンを切り札に、世界を守るという設定です。よく考えてみると、バカみたいな話ではあります。

リュック・ベッソンの最高傑作であり、いちばんひどい作品と言えるかもしれません。あくまで個人的な意見ですが……。

3.「イベント・ホライゾン」

宇宙飛行士たちが、過去に消息を絶った宇宙船「イベント・ホライゾン」を捜索しに行く話です。宇宙船の重力装置が、実は人工的なブラックホールを生み出すもので、イベント・ホライゾン号は文字通り地獄へ一度行き、そして、この世界に戻ってきたのだということが発覚します。宇宙航海に参加したくなりますね。

4.「インビジブル」

ケヴィン・ベーコンが演じる主人公は、生命体を透明にする方法を発明します。もちろん、彼は頭がおかしくなり、セクシーな隣人をねらい、友人たちを次々とぶっ殺し、最終的には自分のライフワークを破壊します。滅茶苦茶だよ……。

5.「A.I.」

企画したスタンリー・キューブリックの死後、スティーブン・スピルバーグが引き継ぎました。その結果が、すばらしい映画技術をばかみたいに並べ立てた、こちらの作品。ジュード・ロウがロボット・ジゴロを演じているのも高ポイントです。

6.「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」

嫌いな人は嫌いでしょうけど……。

7.「ジャッジ・ドレッド」

未来の警官を演じるシルヴェスター・スタローンが最高です。

8.「ミッション・トゥ・マーズ」

「オデッセイ」の15年前には作られた作品。マット・デイモン主演のブロックバスター映画とはちがい、本作にはM. ナイト・シャマランもちびってしまうくらいの壮大などんでん返しがあります。

9.「アンドリューNDR114」

最大の悲劇は、ロビン・ウィリアムズの新作がもう見られないということ。この作品は、彼の最高傑作ではありませんが、一見の価値はあります

10.「デモリションマン」

「ジャッジ・ドレッド」のコメントに同じです。あと、トイレに置いてある3つの貝殻。トイレットペーパー的な役割を果たすみたいですが、結局どうやって使うのかは謎のまま……。

11.「ミッション:8ミニッツ」

デヴィッド・ボウイの息子が監督だって知っていましたか? 監督のダンカン・ジョーンズは、この「ミッション:8ミニッツ」と「月に囚われた男」という、面白いSF映画を2本製作しています。後者はかなりいい出来です。前者は最高に最低です。

12.「ルーシー」

このスカーレット・ヨハンソンのドラッグ・ムービーもまた、リュック・ベッソンの最高傑作でもあり、いちばんひどい作品の候補でしょう。どちらかと言えば、ひどいです。見終わった後、この作品に関わった人々がどのようなことを考えていたのか?に思いを馳せると、より最高です。

13.「ブレード・ランナー」

これは冗談です! 「ブレード・ランナー」にダメなところなんてありません。映画史上もっともすぐれた作品の1つなので、今すぐにでも見ることをおすすめします

source: YouTube1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14

Adam Clark Estes- Gizmodo io9[原文

(鈴木統子)