ベストな暗号化機能つきメッセージングアプリはこれ

ベストな暗号化機能つきメッセージングアプリはこれ 1

乗り換える?

友だち、恋人、家族と、日々何気なくやりとりするメッセージや通話の内容を暗号化できる時代になりました。ハッカーが個人のデバイスに侵入することも増えていっていますし、人々のデジタルコミュニケーションを無差別に監視する国家の監視網だってある時代。暗号化がプライバシーを守ってくれます。

メッセージを暗号化することで、指定した受け手のみがメッセージを読むことができるようになります。もっと具体的に言うと、エンドツーエンド(end-to-end)の暗号技術は複雑な数学的アルゴリズムを使用して、データをスクランブル処理し、受け手のみがそのスクランブルされたデータをもとに戻せる仕組みです。あなたが使用するサービスプロバイダもこれにはアクセスできませんし、アプリの開発者にだって中身を見ることはできません。こうすることでハッカーの類や政府の監視ツールからも自分の通信を盗まれなくなるわけです。

それを念頭に置いて、暗号化機能の優れたメッセージアプリを見ていきましょう。

ザ・ベスト:「Signal」

iOS, Android

ベストな暗号化機能つきメッセージングアプリはこれ 2

Signalは暗号化メッセージアプリの中の聖杯といえるでしょう。無料で、簡単に使える上に、一番重要なデザインと暗号化プロトコルもばっちり。現在使えるメッセージアプリのなかで一番安全なものでしょう。このアプリはアドレス帳と同期して、すぐにSignalを持っている相手に電話したりメッセージができます。Signalを製作したのは暗号作成者のMoxie Marlinspikeさん。そのSignalの暗号化プロトコルはコンピュータセキュリティーの専門家たちからも賞賛されています。

これも結構いい:「WhatsApp」

iOS, Android

ベストな暗号化機能つきメッセージングアプリはこれ 3

WhatsAppは最近、Signalのプロトコルを使用した自動エンドツーエンドの暗号化をロールアウトしました。世界中で大勢の人が使っているアプリなので、もう使っている方もいるかもしれませんね。わざわざ暗号化に特化したメッセージアプリを使いたくないという友達や家族にはこれを薦めるのがいいかもしれません。

もしあなたがプライバシー保護マニアなのであれば唯一考慮しないといけないのはFacebookです。ユーザーの個人情報を広告主に売ることでお金を儲けているFacebookは、しばらく前にWhatsAppを200億ドル以上(約2兆円以上)で買収しているんです。もちろんFacebookがWhatsAppに口を挟んだり変えたりするかも、なんて言っているわけではありませんし、WhatsAppのデータを売るというわけでもないでしょう。WhatsAppチームは完全にFacebook内部で独立して働いているようですが、頭の片隅にはおいておくべきかもしれません。

頼りにできるのをもういっちょ:「iMessage」

iOSのみ

ベストな暗号化機能つきメッセージングアプリはこれ 4

AppleのメッセージングサービスiMessageも暗号化されています。しかし暗号化の専門家でジョン・ホプキンス大学のMatthew Green教授が米Gizmodoに語ったところによれば、このアプリは置き換えられるべきなんだそう。iMessageで使われている暗号はAppleが自社で作ったもので、なされて然るべき点がすべてなされているわけではないんだとか。実際にGreen教授率いるチームの研究では洗練されたアタッカーなら弱点を突き暗号を復号して写真や動画を見れちゃっています。一番いいアプリではないかもしれませんが、それでもGreen教授によればかなりいいものなんだそうですよ。彼はAppleは今後プロトコルをもっとSignalに似たものに変えるだろう、としていますが、iMessageのようにすでに何10億ものデバイスで使われているものを変えるのは言うは易しです。

iMessageの一番いいところはすべてのiPhoneにプリインストールされているところ、つまり普通にテキストメッセージを送るだけですべてのメッセージが暗号化されて送信されるということでしょう。

こいつは絶対避けるべき:「Telegram」

iOS, Android

ベストな暗号化機能つきメッセージングアプリはこれ 5

Telegramからは遠く離れて近寄らないほうがいいでしょう。このアプリはよく安全で安心な暗号化メッセージアプリだなんて書かれますが、初期設定のままではメッセージをTelegramの暗号化されていないサーバーに保存してしまいます。これってメッセージの安全性としては考えうる限り最悪のことです。アプリを「シークレット」モードに切り替えることもできますが、それでもTelegramの暗号は弱くて欠陥があります。コミュニケーションの安全性を求めるのであれば、これは避けたほうが良いでしょう。

Top image: Shutterstock

William Turton - Gizmodo US[原文

(abcxyz)