重い荷物もラクラク。Wal-Mart、ショッピングカートにロボットを検討か

重い荷物もラクラク。Wal-Mart、ショッピングカートにロボットを検討か 1

毎日のショッピングもちょっと楽しくなりそう。

アメリカに本部を置く世界最大のスーパーマーケットチェーンWal-Martは、ショッピングカートの代わりとして、カートを自動で運んでくれるロボットの導入を検討していることがわかりました。

同社と協業中と噂なのが、Five Elements Roboticsというロボット系ベンチャー。Bloomberg主催のカンファレンスにて、CEOのWendy Robertsさんが「世界最大の小売チェーンとの協業を検討している」と発表したことから判明しました。なお、Wal-martの担当者はノーコメントとしています。

Five Elements Roboticsが実際に開発している、1体1,400ドル(約14万5000円)のBudgeeという名のロボットがこちらです。

首がヒョロっとした、ちょっとお茶目な外見ですが、スマホやタブレットと連携し、名前や目の色、本人との距離などを設定できるようです。

Wal-Martは、顧客の買い物体験改善のため、さまざまな技術を取り入れることでも有名。たとえば、商品のコードをスマホで読み取って決済を済ませたり、ドローンで商品を配達するテストも行なっています。

一度に大量の買い物をするアメリカの生活スタイルならではかもしれませんが、買い物以外にも、カートロボットが活躍する場面はたしかにありそうですよね。

image by Mike Mozart via Flickr

source: Bloomberg, Five Elements Robotics

(渡邊徹則)