マーベルの大ボス、サノスのインフィニティ・ガントレットを再現

サノス インフィニティ・ガントレット

究極のアイテムが今ここに。

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」ではガモーラとネビュラの養父として登場したサノスは、今後マーベル・ シネマティック・ユニバースに深く関わってくるスーパーヴィラン

そしてサノスと言えば……インフィニティ・ガントレットですが、この度、その籠手を自作した猛者が現れました。

サノス インフィニティ・ガントレット

サノス インフィニティ・ガントレット

サノス インフィニティ・ガントレット

サノス インフィニティ・ガントレット

サノス インフィニティ・ガントレット

こちらはTHE PRFが取り上げた、メルボルンで小道具などを制作しているAllan Careyさんによるレプリカ。

材質はで、中世の甲冑で使われる砂時計型のアワーグラス・ガントレットを基本のデザインにしているそうです。塗装は99%の純チタン1%の金を混合したチタン窒化物でコーティングしており、6種のインフィニティ・ジェム(インフィニティ・ストーン)もはめこまれています。

内側には革のベルトやグローブが仕込まれており、基本が鉄なのでかなり重いようですが、永遠に朽ちない強靭な耐久性があるとのこと。

実際に装着した様子も見てみましょう。

インフィニティ・ガントレットの歴史はCOMIC VINEで把握できるとともに、最新のマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)におけるデザインは「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」のラストに登場しているので、このレプリカと見比べてみてください。

サノス インフィニティ・ガントレット

原作の表紙にはさまざまなヒーローたちの姿も

このガントレットに仕込まれるのは、それぞれ魂、力、空間、現実、時間、精神をつかさどるインフィニティ・ジェム(インフィニティ・ストーン)。

MCUでは「キャプテン・アメリカ」のコズミック・キューブにはじまり、「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」のエーテル、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のオーブ、「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」のロキの杖の宝石(後のヴィジョンのおでこ)といった形で登場しています。

上の動画ではジェムが1つもはまっていないので、2018年と2019年公開予定の「インフィニティ・ウォー Part1、2」までに残り2つが登場し、それを何かしらの方法でかき集めたサノスが大暴れすることになるのかもしれません。

サノス インフィニティ・ガントレット

コミック版「インフィニティ・ウォー」の表紙

All Marvel Characters and the distinctive likeness(es) thereof are Trademarks & Copyright © 1941 - 2016 Marvel Characters, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.

Image by COMIC VINE, COMICBOOK.COM

source: facebook, Instagram via THE PRF, COMIC VINE, YouTube

岡本玄介