Googleでさえ懸念する、AndroidがiOSに勝てないもの…それはアップデートの遅さ

Googleでさえ懸念する、AndroidがiOSに勝てないもの…それはアップデートの遅さ 1

Androidスマホユーザーには残念なかぎりですけど…。

すでに世界のスマートフォンユーザー全体のシェアからすれば、圧倒的にiOSよりもAndroidのほうが大勢のユーザーを抱えています。いまやAndroidユーザー数は14億を突破し、iPhoneユーザーとの差は開いていくばかり。ところが、いまだにアプリ開発業界では「まずはiOS向けのアプリを出す。Android向けに出すかどうかは、その後だ」という意識が一般的なのです。だから、Androidでアプリが公開されるころには、先にiPhoneユーザーが使いまくっていて、二番煎じのものしか使えないケースが多いんですよね。

なにもアプリ開発者たちは、正当な理由もなくiOSをひいきにしているのではありません。その差の最大の原因は、iOSのアップデートが普及する速度にあります。まもなくWWDC 2016で新発表があるかもしれない、最新バージョンの「iOS 10」について、楽しみに待っているiPhoneユーザーは多いことでしょう。そして、いざ今秋にiOS 10が正式リリースされると、そのリリースから数時間後には、非常に多くのユーザーが新バージョンのiOSを使い始めます。先月の時点で、現在の最新版となるiOS 9のいずれかのバージョンにアップグレードして使っているユーザーは、全iPhoneおよびiPadユーザーの84%に達すると発表されていますよ。

いま新しいアプリを開発中だとしましょう。もしiPhoneやiPadユーザーをターゲットにするなら、とりあえず最新のiOS 9に対応してリリースしておけば、ターゲット全体の8割以上にリーチできてしまうことを意味しています。この効率のよさこそが、なによりの開発者にとってのiOSの魅力だと考えられていますね。

Googleでさえ懸念する、AndroidがiOSに勝てないもの…それはアップデートの遅さ 2

一方、同じ先月の時点で、現在の最新版となるAndroid Marshmallow 6.0のいずれかのバージョンへアップグレードを終えて使っているユーザーは、全Androidユーザーのわずかに8%未満! いまだにもっとも多くのAndroidユーザーが使っているOSは、2世代も前のAndroid Kitkat 4.4という、まったくアップグレードが進んでいない現状を露呈しています。上の分布図は、昨年8月の時点で利用されていた世界のAndroidデバイスの内訳ですけど、その種類は2万4000を超えています。そして、OSのバージョンごとに色分けされていますが、ひどい断片化が進んでいますよね~。

もちろん、どちらのモバイルOSにもメリットとデメリットがあり、Appleが中央でガチガチに管理しているiOSは、すばらしい速度でOSのアップデートも配信されていきますけど、逆に自由度が少ないという批判を浴びてきました。一方、オープンソースで自由度の高いAndroidなのですが、あまりに各メーカーがOSをカスタマイズして手を加えすぎ、簡単には最新バージョンを配信できない問題を抱えていますよ。

その証拠に、米国内でAT&Tネットワークを利用しているSamsung「Galaxy S6」ユーザーが、最新版のAndroid Marshmallow 6.0へのアップグレードを受け取ったのは、実に正式リリースから7か月が過ぎる頃でした。2015年のフラッグシップモデルでさえ、この遅さなのです。Verizonなど、ほかのネットワークでも状況は似たり寄ったりで、日本国内でも同じような遅れが生じていますね。

しかしながら、アプリ開発者にとっては、これはトンでもなく不便な状態で、せっかく最新版のAndroid向けにアプリをリリースしても、ターゲット全体の1割にもリーチできません。仕方がないので、1世代前、2世代前のバージョンまでサポートせざるを得なくなってきます。また、セキュリティ面での影響は深刻で、基本的にアップデートを定期的に受け取れるNexusシリーズ以外のAndroidユーザーは、脆弱性が発見されてから、何か月も危険な状態にさらされたままになってしまっていますよ。

この現状をもっとも憂慮しているのは、当のAndroidを開発しているGoogleです。よりアップグレードを容易にする仕組みを模索していると伝えられているほか、最新版への対応が遅いメーカーを名指しで公表し、どのメーカーのサポートが優れているかを競わせる計画までリークされているんだとか。いずれにせよ、次期バージョンのAndroid Nが今秋にリリースされるときには、もっとスムーズに最新版を多くのAndroidユーザーが使えるようになってほしいものですけど、その道のりは前途多難でしょうかね。

WWDCの幕開けとなるKeynoteは、日本時間6月14日の午前2時から。ギズモードは今回もリアルタイム更新去年の様子)でWWDCをフォローします。

Googleでさえ懸念する、AndroidがiOSに勝てないもの…それはアップデートの遅さ 3

source: Bloomberg

Darren Orf - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)