役者本人が登場! X-MENのグループセラピー

役者本人が登場! X-MENのグループセラピー 1

X-MENはつらいよ……?

ミュータントのヒーローチームが最古&最強のミュータントと激突する映画「X-MEN:アポカリプス」のプロモーションとして、「もしもX-MENのメンバーが、グループセラピーに参加したら……」というコント動画が公開されました。

若きX-MENたちが悩みを相談する姿を、映画と同じキャストが演じています

こちらはMTV Newsがアップロードした動画。

役者本人が登場! X-MENのグループセラピー 2

サイクロプス「X-MENでいるのはつらい」

ストーム「なんでミスティークはいつも裸なの? 子供のいる学校だよ!?」

それぞれが抱えている問題を、赤裸々に語っていくX-MENたち。ビーストの後にシャワーに入ると、排水口が青い毛だらけで不気味なんだとか。

役者本人が登場! X-MENのグループセラピー 3

ストーム「正直言って、あんたとガールフレンドは迷惑してんのよ」

クイックシルバー「お前らキモいぜ。デンジャールームで空中69をしてるのを見ちまったよ」

サイクロプス「ジーンを巻き込むな。ちゃんと避妊してるんだから問題はないだろう」

クイックシルバー「ならジーン(gene=遺伝子)と問題なくデキるんだな」

やたらと喧嘩腰のクイックシルバーに、ついにサイクロプスがキレる!

役者本人が登場! X-MENのグループセラピー 4

サイクロプス「いいか、キャプテン・ゴーグル。名前がクイックシルバーだからって、お前はアベンジャーズじゃないんだぞ」

クイックシルバー「それには権利的な問題で答えられねぇんだよ」

カウンセラー「感情を出せるのは素晴らしい進歩だよ。気分はどうだい?」

クイックシルバー「最高だ」

サイクロプス「良くなったと思います」

カウンセラー「よかったね、おめでとう」

サイクロプス「あ、サングラスが……」

一同「ギャー」

X-MENは基本的にキッズも鑑賞できる映画(アメリカではPG-13)ですが、いきなりR-18なネタが飛び出しています。そして、マーベルとフォックスの間での権利的な事情で、2つの映画の世界に2人のクイックシルバーが登場した問題をネタにするというメタなジョークも炸裂。もしかして「デッドプール」の影響か!?

それにしても、若いサイクロプスがコミックのイメージそのままの優等生キャラですごく良い。これは映画本編も楽しみですね。

映画『X-MEN:アポカリプス』は2016年8月11日全国ロードショー。

source: YouTube

傭兵ペンギン