手の平から液体窒素を噴射する装置で「X-MEN」のアイスマンを再現

手の平から液体窒素を噴射する装置で「X-MEN」のアイスマンを再現 1

バナナで釘が打てるようにもなります。

デス・スター花火で5,000発を同時に発射させたcolinfurzeさんが、「X-MEN」のアイスマンになりきれるトンデモ装置を発明しました。

手の平から液体窒素を噴射して、格闘ゲーム「エックス・メン チルドレン オブ ジ アトム」でもおなじみの氷男になりきる様子をどうぞ。

コリンさんが発明したのは2本のボンベを背負い、-192度の液体窒素を噴霧状にして手の平から放射する「アイスマン冷凍パック」

手の平から液体窒素を噴射する装置で「X-MEN」のアイスマンを再現 2

コリンさんの自作ボンベ

これで草花を凍らせればパリパリと崩れますし、クリームに吹き付ければアイスクリームの出来上がり。人形の顔は……凍りつきました。

なお、制作の様子も公開されています。

なるほど、手首を上に返すとスイッチが入る仕掛けだったんですね。それにしても薄いスポンジを内側に巻いただけで、手の平が凍傷にならないのもスゴい

source: YouTube12, 3

岡本玄介