もしも人体に10万ボルトを浴びせたら…なシミュレーション

弾丸のような発射体の効率性を調べる際には、実際の人間や豚の死体に銃弾を撃ちこむかわりに、ほぼ人間の筋肉組織と同じ密度と粘性を持つ弾道ゼラチン(バリスティック・ジェル)を使います。でも肉を貫く鉄の弾の代わりに、それに高電圧を流しちゃったらどうなるでしょう? Photonicinductionの実験動画を見てみましょう。

動画11分以降は激しい光の点滅があるのでご注意ください。

実演してくれるのは「電気には25年の経験」を持つというPhotonicinductionのAndy。ここ8年間はでっかくてやかましいさまざまな機械を用いていろんなものに電気を流す様子をネットで公開しています。今回その餌食となった弾道ゼラチンには、低めの電圧から次第に電圧を上げていって何が起こるか実験しています。240ボルトでは、弾道ゼラチンがバターで電極棒が熱したナイフかのように、触るとするりと溶けちゃいます。2,500ボルトではゼラチンが狂ったように沸騰10万ボルトでは「スター・ウォーズ」のパルパティーン皇帝の手先から出るフォースの稲妻みたいな有様に。

もちろん実際に電気の何が人を殺すに至るかという話になれば、電圧ではなくて電流や抵抗でしょう。弾道ゼラチンに人と同じような伝導性があるかどうかは議論の分かれるところですが、「危険 高電圧」なんて看板が掲げられた場所には近づかないほうがよさそうです。でもみなさん、くれぐれもご自分のお家で試さないでくださいね!

Bryan Menegus - Gizmodo US[原文

(abcxyz)