ファブレットファン待望? 6.8インチ大画面の「ZenFone 3 Ultra」発表

ファブレットファン待望? 6.8インチ大画面の「ZenFone 3 Ultra」発表 1

あっ、これ欲しいです。

現在台北で開催されているコンピュータ関連イベント「COMPUTEX」にて、ASUSは3つのスマートフォン「ZenFone 3/ZenFone 3 Deluxe/ZenFone 3 Ultra」を発表しました。どの端末もカッコよくて好印象なのですが、その中でも6.8インチディスプレイを搭載したファブレット端末「ZenFone 3 Ultra」が注目を集めています。

ZenFone 3 Ultraはアルミ製のユニボディを採用した高級感のあるスマートフォン。アルミ製のユニボディにも関わらずアンテナ線を本体背面から取り去っている点にも注目ですよ! また、ホームボタンは指紋認証にも対応しています。

搭載しているディスプレイは6.8インチのフルHD解像度(1,920×1,080ドット)液晶。デカイ…最近こんなに大きなディスプレイを搭載したスマートフォン、あまり見ないですよね。中にはファブレット端末として人気だった「Xperia Z Ultra」の代わりになる!と喜んでいる人もいるようですよ。

本体スペックはプロセッサがSnapdragon 652、RAMが4GB、背面カメラが2300万画素で、USB-C 3.0やDisplayPortをサポートしています。バッテリー容量は4,600mAhと大容量がうれしいですね。本体カラーはグレー/シルバー/ピンクの3色です。

そしてこのそこそこなスペックのおかげで、ZenFone 3 Ultraは479ドル(約5万3000円)とお手頃な価格で販売されます。安価に大画面を楽しめるZenFone 3 Ultra、日本への導入については未定ですが、ぜひ使ってみたい一台ですね!

source: Asus, The Verge

(塚本直樹)