世にも奇妙なマーク・ザッカーバーグのファンアートの世界

世にも奇妙なマーク・ザッカーバーグのファンアートの世界 1

愛がこもってる。

ある程度有名人になると、別にアイドルとかスポーツ選手じゃなくたって一定のファンが生まれてくる…それはわかります。でも正直、大手とはいえどソーシャルメディアのFacebookのCEOであるマーク・ザッカーバーグにこんなに熱いファンがいるとは今まで知りませんでした。

米GizmodoのAshley Feinberg記者によると、そのファンたちは単にザッカーバーグ氏に好意的なメッセージを書いているだけでなく、同氏をモチーフにしたアートを彼のタイムラインに投稿してもいるんです。

よくモチーフにされているのはこちらの写真、ザッカーバーグ氏とその妻、そして去年生まれた娘のMaxちゃんの写真です。または、想像上のザッカーバーグ氏の姿であることもあります。すべての作品に共通しているのは、ファンの熱意です。

ザッカーバーグ氏の誕生日ポストに寄せて

たとえばこんな画像が、誕生日を祝うコメントとともに投稿されています。

世にも奇妙なマーク・ザッカーバーグのファンアートの世界 2

この画像はたぶん、ネット上の写真を元に写真編集ツールで加工したものっぽいですね。一方、下の画像は手描きの作品のようです。

世にも奇妙なマーク・ザッカーバーグのファンアートの世界 3

ほかの作品は、オリジナルの作者じゃない人がポストしてる場合も多いんですが、こちらは制作者本人による投稿のようです。元ネタはこちらのようですね。作者のTumi SibamboさんはWebサイトで、このポートレートは「昼休みに、素晴らしいソーシャルメディアツールを作ってくれたことに感謝するために」描いたとコメントしています。

一方、こちらのポートレートは、ザッカーバーグのポストへのコメントの中にたいてい入っていて、しかもこれを使っているアカウントが複数あるんです。

世にも奇妙なマーク・ザッカーバーグのファンアートの世界 4

そして、この画像には大体同じようなザッカーバーグ礼賛メッセージが付いてくることが多くて、ボット!?と思うほどです。ただ、ザッカーバーグ自身を除いてそういうボットを作る人がどこにいるのか、まったくの謎です。そこで米Gizmodoではザッカーバーグ本人に直接、そんなボットを作ったのかどうか質問していますが、答えはないままだそうです。まあ、答えませんよね。

でも実際面白いのは、もっとラフな作品です。たとえばこちらはザッカーバーグを「Captain Like(キャプテン・いいね)」に、その奥さんは絵文字を「F-vengers」になぞらえたものです。

世にも奇妙なマーク・ザッカーバーグのファンアートの世界 5

こちらもバースデーのポストですが、油絵でしょうか? 隣には映画「タイタニック」のシーンらしき絵もあります。

世にも奇妙なマーク・ザッカーバーグのファンアートの世界 6

どっちがザッカーバーグで、どっちがレオナルド・ディカプリオだかわかりません…ね?

結婚記念日に

こちらは結婚記念日らしくて、素敵ですね。

世にも奇妙なマーク・ザッカーバーグのファンアートの世界 7

でもこれは…?

世にも奇妙なマーク・ザッカーバーグのファンアートの世界 8

セレーナ・ゴメスに会った日に

こちらの色鉛筆作品をプレゼントされました。

世にも奇妙なマーク・ザッカーバーグのファンアートの世界 9

母の日には

今度は素敵なコラージュ作品です。

世にも奇妙なマーク・ザッカーバーグのファンアートの世界 10

母の日だから、ザッカーバーグの奥さんにお祝いをいうのが普通だと思うんですけど、ファンの視線はやっぱりザッカーバーグ氏に釘付けなんですね。

世にも奇妙なマーク・ザッカーバーグのファンアートの世界 11

慈善活動に関するポストにコメント

こちらの少年は、ザッカーバーグが「青以外の色がよく見えない」という理由で、青一色での作品を描いています。たしかに彼は、「赤と緑の識別ができない」とNew Yorkerに語っています。

世にも奇妙なマーク・ザッカーバーグのファンアートの世界 12

こちらもどうぞ。

世にも奇妙なマーク・ザッカーバーグのファンアートの世界 13

Facebookのカンファレンス「F8」のポストに対し

ハートのこもったこちらのメッセージと画像が届きました。

世にも奇妙なマーク・ザッカーバーグのファンアートの世界 14

バルセロナ旅行のおみやげに

こちらのファミリーポートレートのプレゼントがありました。

世にも奇妙なマーク・ザッカーバーグのファンアートの世界 15

ただこれには、下のようなコメントが付いています…。

世にも奇妙なマーク・ザッカーバーグのファンアートの世界 16

一見アートなディスも…

ただすべてのコメントが、マーク・ザッカーバーグ礼賛というわけじゃありません。

世にも奇妙なマーク・ザッカーバーグのファンアートの世界 17

やあ、僕はマーク! 僕のミッションは、ISISがFBでフォロワーをリクルートするのを許しつつ、自由思想家や無神論者の時代を終わらせることさ。

でもこの手のものは、圧倒的に少ないです。そしてポジティブなものとネガティブなもの、どちらにしても、ザッカーバーグ自身からコメントされたことは、少なくとも上にご紹介した中ではありませんでした。

それでもザッカーバーグのファンアーティストたちは、これからもきっと彼のポートレートを生み出し続けるのでしょう。

source: Facebook

Ashley Feinberg - Gizmodo US[原文

(miho)