ドラマ「ツイン・ピークス」の知られざる事実11選

ツイン・ピークス

あなたも今日からツイン・ピーカー。

いまだに根強いファンを持つ、デヴィッド・リンチ監督の大ヒット・ミステリアス・ドラマ「ツイン・ピークス」。ローラ・パーマーの発言通り、25(+1)年後の2017年に多くのオリジナル・キャストとともにカムバックすることが決定し、熱狂的なツイン・ピーカーは大喜び。

そこで、来年の放送を前にドラマや映画を掘り下げただけでなく、知られざる秘密や知識をまとめた本「Twin Peaks FAQ: All That’s Left to Know About a Place Both Wonderful and Strange(ツイン・ピークスFAQ:魅力的で不思議な世界を徹底探究)」が発売されています。

本を執筆したのは、ニューヨークにあるメディア専門の博物館Paley Center for Mediaのキュレーターであり、「ツイン・ピークス」の熱狂的なファンであるデヴィッド・ブッシュマンさんとアーサー・スミスさん。さすがのマニアっぷりが伺える「damn fine」な本となっています。

今回は本書の中からio9がピックアップした、11の知られざる事実をご紹介。

1. 「ツイン・ピークス(2つの山)」には名前がある

ドラマ「ツイン・ピークス」の知られざる事実11選 1

デヴィッド・リンチ監督が描いた地図によると、山の名前はホワイト・テール・マウンテンとブルー・パイン・マウンテン。ドラマで見られた山は、ワシントン州のノースベントからのぞむ山、マウント・サイです。

2. ノースダコタ州で撮影される可能性があった

リンチ監督と製作総指揮のマーク・フロスト氏はノースダコタ州のグレートプレーンズで撮影するつもりでした。しかし、大平原よりも森の中の方がミステリアスな雰囲気が出るからとワシントン州に変更されたそうです。

3. ジェリー・ホーン役のデヴィッド・パトリック・ケリーは映画「ウォリアーズ」でルーサー役を演じている

ドラマ「ツイン・ピークス」の知られざる事実11選 2

「ツイン・ピークス」のジェリー・ホーン

ドラマ「ツイン・ピークス」の知られざる事実11選 3社会現象を巻き起こした悪名高き名作「ウォリアーズ」

気づいていた人はいますか?

4. ジョスリン・“ジョシー”・パッカード役は別の外国人女優が演じることが構想されていた

ジョスリン・“ジョシー”・パッカード役には、かつてリンチ監督と「ツイン・ピークス」で主演を演じているカイル・マクラクランと仕事をしたことがあるイザベラ・ロッセリーニの名前が上がっていましたが、最終的にジョアン・チェンが悪女役を獲得しました。

5. デヴィッド・リンチ監督はウィンダム・アールという役が嫌いだった

ドラマ「ツイン・ピークス」の知られざる事実11選 4

クーパー捜査官の元相棒でシーズン2の後半で街にやってきたウィンダム・アール。彼はアーサー・コナン・ドイルの熱狂的なファンであるマーク・フロストによってシャーロック・ホームズの宿敵であるモリアーティ教授をベースに作られたキャラクターです。

しかし、伝えられたところによれば、リンチ監督はアールのキャラクターを「面白みがないし、場にそぐわない」と話していたらしく、クーパーとのラストは繰り返し書き直されました。

6. デヴィッド・リンチ監督のお気に入りの曲

これはアメリカのシンガーソングライター、ティム・バックリィの曲「Song to the Siren(警告の歌)」。リンチ監督はこの曲を、自らが監督をした1986年の映画「ブルーベルベット」で使用したいと考えるも契約を取り付けることができず、結果的に作曲家のアンジェロ・バダラメンティと手を組みました。

その数年後、バダラメンティは「ツイン・ピークス」の音楽を担当することになります。

7. ドーナツやパイ、コーヒーには理由がある

ブッシュマンとスミスは、クーパー捜査官をはじめとする良い役が砂糖とカフェインを「中毒」ってくらい大好きなのは、悪い奴らが好むコカインと相反するアイテムとして登場させたのだろうと仮定されています。

8. キャスティングを含め、クラシックなフィルム・ノワールに影響を受けている

ドラマ「ツイン・ピークス」の知られざる事実11選 5

「Twin Peaks FAQ」は、作品がアルフレッド・ヒッチコック監督の映画「めまい」やオットー・プレミンジャー監督の映画「ローラ殺人事件」といったフィルム・ノワールにどのような影響を受けているのかを探究しています。

「ツイン・ピークス」で登場する地元の食堂・ダブルRダイナーのオーナーであるノーマ・ジェニングスの母親、料理評論家のビビアン・ナイルズを、1947年に公開されたジャック・ターナー監督の映画「過去を逃れて」に出演した女優ジェーン・グリアが演じていることも具体例に挙げています。

9. カール・ロッド役のハリー・ディーン・スタントンが「ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間」で見せた奇怪な演技はアドリブ

新シリーズに出演することが決まっているハリー・ディーン・スタントン。彼はローラ・パーマー殺人事件の謎を描いた「ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間」で、FBI捜査官にコーヒーをご馳走するフレンドリーなトレーラー・パークの管理人カール・ロッドを演じています。

カールは電柱に貼られた悪魔を意味する数字の「6」を見たあとに、空虚な面持ちで「いろんな場所に足を運んだが……、いるべき場所にいたいだけなんだ」と語ります。「Twin Peaks FAQ」によると、これはリンチ監督とスタントンの間で生まれた即興なのだそうです。

10. もっとも困難だったエピソードはシーズン2の第11章

このエピソードの脚本を担当したのはジェリー・スタール、マーク・フロスト、 ハーレイ・ペイトン、ロバート・イングルスの4人。ジェリー・スタールはのちに自伝映画「パーマネント ミッドナイト」でも告白しているように、当時は麻薬中毒でした。そのためマーク・フロストはスタールと仕事した経験を「散々だった」と話しています。

11. 多くの作品が引用している

幾度となく「ツイン・ピークス」を話題にしたのが、映画俳優として成功する前のウィル・スミスが出演していたシットコムベルエアのフレッシュプリンス」。

その他にもドラマフレンズや、

アニメの「スクービー・ドゥー」でも引用されています。

これだけにとどまらず、フランスのエレクトロニクス・ユニット「Dale Cooper Quartet & The Dictaphones」やアメリカのスクリーモバンド「ArmsBendBack(アームスベンドバック)」といった、バンドの名前や曲にも使われています。中でも、アメリカのヘヴィメタルバンド、ANTHRAXの曲「Black Lodge Anthrax」はMVまでもが「ツイン・ピークス」風です。

source: YouTube 1, 2, 3, 4, 5, Wikipedia 1, 2, Wikia

Cheryl Eddy - Gizmodo io9[原文
中川真知子