実在する! 「ポケモン」のモデルになった生物14選

実在するポケモン?

モンスターに負けない奇抜さ

ゲーム「ポケットモンスター」に登場するモンスターたちは架空ですが、中にはあんなに派手だったり珍妙だったりするにも関わらず、現実に存在する生物をもとにデザインされているものもチラホラあるんです。

今回はDorklyがピックアップした、14種類のモンスターたちと、そのモデルになった、モデルになったと思われる生物たちを比較してみましょう。

1. ニョロモ

おたまじゃくし(特にイエアメガエルなど皮膚が透けている種類は、渦巻き状の腸が見える)

2. サクラビス

テングギンザメ

3. キャタピー

トラフアゲハの幼虫

4. ラブカス

キッシンググラミー

5. ミズゴロウ

アホロートル(ウーパールーパー)

6. コイキング

ハツメ(黄メバル)

7. ワルビアル

インドガビアル

8. ラフレシア

ラフレシア・アルノルディイ

9. ペラップ

キエリクロボタンインコ

10. ウツボット

ウツボカズラ

11. サンドパン

センザンコウ

12. スリープ

マレーバク

13. カラナクシ

ミスジアオイロウミウシ

14. マッギョ

ミシマオコゼ


そして最後はオマケで、ゴミ袋のヤブクロンが出てきました。

有名な植物もマイナーな動物も、世界にはそのまんまモンスターのような見た目の生物たちが、こんなにもいるんですね。

source: YouTube

岡本玄介