総額14億円。デヴィッド・ボウイが愛した美術品がオークション、公開展示へ

総額14億円。デヴィッド・ボウイが愛した美術品がオークション、公開展示へ 1

美的センス凄まじかったですもんね。

今年1月に69歳でこの世を去ったデヴィッド・ボウイ。彼が稀代のスターであったことは周知の事実ですが、美術を愛する収集家であったことは、あまり知られていません。

今年11月、彼が集めた400点余りの美術品がオークションにかけられることとなり、そのコレクションが公開展示されることになりました。

デヴィッドのコレクションには、ダミアン・ハーストヘンリー・ムーアなど、イギリスの芸術家の作品や、100点以上の家具などが含まれ、オークションによる売上は1000万ポンド(約14億円)以上になるとみられています。

公開展示は、オークションの主催者であるSotheby’sがあるロンドンを皮切りに、ロサンゼルス、ニューヨーク、香港と、まさにツアーのように世界中を回るとのこと。

デヴィッド・ボウイが残した作品は素晴らしいものばかりですが、彼自信が愛した美術品も、一度は見てみたいですね。

source: Sotheby’s via The Guardian

(渡邊徹則)