押せば押すほどスマホをチャージするアプリ内蔵ベビーカー

押せば押すほどスマホをチャージするアプリ内蔵ベビーカー 1

育メン養成効果だって抜群?

ベビーカーって、3輪タイプか4輪タイプかの違いこそあれ、ほとんど進化してきませんでしたよね。だから、選ぶ基準は安全性とデザイン面ばかり…なんて常識を覆す、数々の斬新なベビーカーを発売してきた4momsから、その最新モデルとなるMoxiが発表されましたよ。

これまで同社製ベビーカーの特徴だった、ワンプッシュで自動開閉する仕組みは、Moxiには採用されていません。代わりに、スマートフォン時代に完全対応した専用アプリでの各種コントロール機能が実装されました。周辺の気温や現在時刻に加え、どれくらいのスピードで、どれほどの距離を移動したのかを完全にトラッキング。カロリー消費計の形でフィードバックされ、ベビーカーとともにフィットネスが進められるようになっていますね!

押せば押すほどスマホをチャージするアプリ内蔵ベビーカー 2

4momsのベビーカーシリーズの特徴となる、スタイリッシュなデザインも健在です。子どもを前向きにも後ろ向きにも乗せられ、親の背丈に応じて手押しハンドルバーの高さも調整可能。リアホイールに内蔵されたジェネレーターで、ベビーカーを押せば押すほど発電され、手元のUSBポートからスマホを充電できるほか、新たに夜間の移動にも安全で便利なヘッドライトとテールランプまでダブル装備されましたよ~。

いまや「Pokemon GO」まで大人気の時代ですから、外出中はスマホのバッテリーは減る一方。それをベビーカーで育児さえしていれば、安心して充電環境を常に確保でき、おまけにフィットネスで自分のヘルスケア管理までできるときたものです。これならパパにもママにも好評なベビーカーになること間違いなしでしょう。

ただし、今年10月に発売予定のMoxiの最大の課題は、その販売価格かもしれません。ベビーカーにしては、トンでもない出費となる、日本円にして7万円を下らない699.99ドルで販売されることになっています。こんなにベビーカーに投資するんだったら、各種収納スペースも充実していますし、子どもが大きくなっても使い続けなければ元が取れないかもしれませんよね?

source: 4moms

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)