手に余るほどの大きさ。70インチのタッチスクリーンディスプレイ、Dellから登場

手に余るほどの大きさ。70インチのタッチスクリーンディスプレイ、Dellから登場 1

広すぎて使い切れなさそう。

最近は会議室や教室向けに電子黒板が登場していますが、まだまだ大きく広まっているとはいえません。そんな状況を変えるべく、Dell70インチの巨大タッチスクリーンディスプレイ「Dell 70 Interactive Conference Room Monitor(以下、C7017T)」を発表しました。

C7017Tは教室や会議室にて、ホワイトボードの代わりに指やスタイラスで書き込みをすることができます。指紋は気になりますが、指で気軽に書き込みができるのはいいですね!

もちろんC7017Tはディスプレイですから、静止画や動画など、さまざまな資料を映し出すことができます。ディスプレイに映した資料に直接文字を書き込めるってなると、学校の教科書や問題集を使った授業もより理解しやすくなりそうです。

手に余るほどの大きさ。70インチのタッチスクリーンディスプレイ、Dellから登場 2

ただ、C7017Tはその巨大な70インチのディスプレイとは対照にスペックは控えめです。ディスプレイ解像度は1080p(1,920×1,080ドット)と、必要最小限。残念ながら、みんな大好き4Kではありません。単純に何かを表示したいだけなら、4Kテレビでもいいかもしれませんね。

製品には2本のスタイラスが付属し、価格は4,999.99ドル(約51万円)となっています。以前登場したMicrosoftの「Surface Hub」の約200万円よりは、だいぶお安いですよ。あっちはPC内蔵型ですけどね。

source: Slash Gear

(塚本直樹)