2017年、宇宙ゴミの大掃除が始まります

2017年、宇宙ゴミの大掃除が始まります 1

網でつかまえたり、やりで刺したり、まずはテストから。

ロケットとか衛星の打ち上げって、人類の叡智を結集した大事業だと思います。ただ、特に宇宙開発の最初の頃は、打ち上げた後どうするかをあんまり考えてなかったのかもしれません。というのは、地球の軌道上には古い衛星とかロケットの断片、または塗料のかけらなどなどの宇宙ゴミが7000トンも散らばっているらしいんです。

ゴミとはいっても稼働中の人工衛星や宇宙船に衝突すれば危険だし、ゴミ同士が衝突することで細かい破片の数がますます増えて把握しにくくなったりもしています。

実際、国際宇宙ステーションには細かいゴミが衝突してできた傷が無数にあり、大きいゴミが近づいてきたら避けたりもしなきゃいけないそうです。今はそういう運用でなんとかカバーしていても、ゴミは増加傾向にあるので、これから我々が宇宙に出ていこうとしても、ゴミだらけで足の踏み場もないってことになるかもしれません。

そこでイギリスのサリー宇宙センター(SSC)が、宇宙ゴミ収集のテストミッション「RemoveDEBRIS」を来年の早い時期に打ち上げることを発表しました。SSCでは宇宙のお掃除技術をいくつか開発していて、RemoveDEBRISによってそれらを初めて実際の宇宙空間で試すことになります。



今回テストされるゴミ収集手法は、主に3つあります。ひとつめは宇宙空間に網を打ってゴミを包みこむもの。これでゴミをつかまえたら、宇宙船で引っ張って地球まで降りていけるそうです。



もうひとつは、やりにロープが付いた「もり」みたいなものをゴミに突き刺して回収するもの。テストでは下のGIFのように、本体から伸ばしたアームの先のターゲットをゴミに見立てる予定です。



最後は「drag sail」と呼ばれるパラシュートみたいなものをゴミに付けて軌道から外れさせ、大気圏で燃え尽きさせる手法です。これを衛星に最初から付けておけば、運用期間が終わったときに自己消滅させられるようになります。



ただ、このミッションですぐに宇宙がきれいになっていくのかというと、そう簡単じゃなさそうです。2017年の段階ではいきなり掃除の実作業に入るんじゃなく、あくまでテストなんです。なのでたとえば網打ちの手法では、テスト用の小規模なゴミをあえて宇宙空間にポイして、それを回収して効率を評価するというまどろっこしいことをしなくちゃいけません。それにこれらの手法が実用化されたとしても、7000トンもあるゴミを全部きれいにするには気が遠くなるような手間と時間がかかりそうです。

とはいえ、きちんと段階を踏むことで本格的な大掃除をより効率的にできるはずです。いつか我々がもっと気軽に宇宙へ行き来し始める頃には、地球の周りがきれいに片付いているといいですね。

source: University of Surrey

Ria Misra - Gizmodo US[原文

(miho)