GoProが手放せないアナタに。あちこちマウントできるリュックが公式から登場

GoProが手放せないアナタに。あちこちマウントできるリュックが公式から登場 1

動画撮影旅行にぜひ!

スポーツやアトラクションでダイナミック映像を撮影できるアクションカメラ。しかしアクティブなシーンで使うが故に、問題となるのがそのマウント方法。スティック状のマウントを持つのは片手が塞がるし、街中でヘルメットなんて被りたくないし…

そんな悩みを解決すべく、GoProからカメラをあちこちマウントできるリュック「GoPro Seeker」が登場しました!

GoPro SeekerによるGoProカメラの保持方法はさまざま。側面にスティック型のマウンタ「3-Way」(別売り)を突っ込んでみたり、ショルダーマウントにGoProをつけてさりげない撮影も可能です。観光地での撮影ならショルダーマウントが良さそうですね!

GoProが手放せないアナタに。あちこちマウントできるリュックが公式から登場 2

さらにチェストマウントなら、リュックを背負ったまま安定してGoProカメラを胸の前に保持できます。こちらは自転車などのハードな撮影に良さそうです。

GoProが手放せないアナタに。あちこちマウントできるリュックが公式から登場 3

内部に目を向けると、コンパートメントには最大5台分のGoProカメラが収納可能! そんなにGoProを持ち歩かないよ…という声も聞こえてきそうですが、ここには交換用のバッテリーやmicroSDカード、ケーブルなどの細々とした撮影機材を突っ込んでおくのがよさそうです。

GoProが手放せないアナタに。あちこちマウントできるリュックが公式から登場 4

GoPro Seekerの容量は16リットルと、撮影を邪魔しないコンパクトサイズ。短期間の旅行ならこれだけで、長期間なら大型のバッグにGoPro Seekerを突っ込んで遠征するのもいいでしょう。また素材は劣化しにくい耐候性設計となっています。

日本のオンラインストアを見ると、GoPro Seekerは2万600円(税込)で7月6日に配送予定となっています。これまでアクションカメラのマウント方法にお悩みだった方、なかなか頼もしいパートナーの登場ですよ!

source: GoPro

(塚本直樹)