料理は暖かく、飲み物は冷たくを実現する理想のテーブル

料理は暖かく、飲み物は冷たくを実現する理想のテーブル 1

最高の食事と語らいの時を。

友人や家族で集まって食事を取るのは人生における素晴らしい一瞬ですが、そこで気になるのが料理や飲物の温度。話に熱中しすぎて、美味しいフードやドリンクがぬるくなってしまうのはよくあることです。そんな問題を解決すべく、料理や飲み物の温度調節が可能なテーブル「SMARTSLAB TABLE」が開発されました。

SMARTSLAB TABLEはその薄い天板の中に保温装置と冷却装置、さらに電磁調理器とタッチセンサーを組み込んだテーブルです。それぞれの場所は決まっているのですが、食べ物のお皿は保温装置、飲み物のボトルやグラスは冷却装置の上に置くことで「おいしく飲食できる温度」を保ってくれます。

料理は暖かく、飲み物は冷たくを実現する理想のテーブル 2

保温装置の温度は42.5度と危険のない温度になっており、もし触れてもやけどの心配はいりません(触り続けるのは良くないですよ!)。また電磁調理器によって鍋の中身を温めなおしたり、お湯を湧かすこともできます。

天板はセラミックの一種「SapienStone」から形成されており、温度変化や擦れ傷、さらに微生物の繁殖を防ぐ仕様となっています。

料理は暖かく、飲み物は冷たくを実現する理想のテーブル 3

このようにたくさんのワクワクする機能を搭載したSMARTSLAB TABLEは4月にミラノで開催されたデザインイベント「ミラノサローネ」で展示されました。オフィシャルサイトを見る限り市販化の予定などは案内されていませんが、発売されれば一般家庭だけでなくレストランでも広く活躍が期待でそうです。

でも、こんなに賢いテーブルがレストランにあったらお客さんはいつまでもテーブルから離れないかも!?

source: SMARTSLAB TABLE

(塚本直樹)