ご主人様だー! 大興奮して暴れまくる世界初のロボット・チワワ

動きがまさにご主人を見て興奮している犬の姿!

ボストン・ダイナミクスが開発したロボット・ドッグ「SpotMini」はペットして飼えるくらいの大きさですが、やっぱりそれでもジャーマン・シェパードくらいはあるんですよね。せっかくロボット犬なんで、ちょっとファッション的な感じで持ち運んだりしたいですよね。そんなアナタにぴったりなロボット・ドッグ、出ました。世界で最初のチワワサイズのロボット・ドッグ「PneuHound」です。

PneuHoundはモーターやセンサーではなく、なんと空気圧で動くのです。だから大喜びしてハイパーになっちゃってる子犬のような動きを再現することができるんですね。

このPneuHound、大阪大学の細田研究室が開発したもの。

現段階ではコントロールがまだできないため、壁などに走ってぶつかっていってしまうそうですが、これから改良が進められるとのこと。生産が終了してしまったアイボの代わりになるかも…?

source: IEEE Spectrum

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(リョウコ)