Lightning対応のノイズキャンセリングイヤホン、JBLから登場

Lightning対応のノイズキャンセリングイヤホン、JBLから登場 1

ついにLightning対応のものが。

ハーマンインターナショナル株式会社は、Lightningコネクタを利用するノイズキャンセリングイヤホン「REFLECT AWARE(リフレクト アウェア)を発表しました。

REFLECT AWAREの特徴はなんといっても、プレーヤーとの接続にLightningコネクタを使うことでしょう。Lightningコネクタは電力を供給できるので、イヤホンの充電が必要ない設計となっています。

個人的に充電が必要なノイズキャンセリングイヤホンを使っているのですが、やはり毎日の充電は若干手間に感じます。その点、REFLECT AWAREはLightningコネクタの利点をうまく活かしているといっていいでしょう。

また環境音の大きさを3段階で設定できるので、アナウンスを聞きたい時には「弱」に、勉強に集中したいときは「強」でと切り替えて利用することも可能です。さらにiOSのアプリからイコライザーが利用できたりと、快適な音楽聴取にこだわっていますね!

REFLECT AWAREの価格は公式サイトで2万4880円(税抜)、発売日は7月16日です。本体カラーはブラック/レッド/ティールグリーンの3色です。

iPhone 7ではイヤホンジャックがなくなるともされています。まだ詳細は不明ですが、もしiPhone 7にLightningコネクタだけが残った場合でもREFLECT AWAREは使い続けることができそうです。

source: ハーマンインターナショナル株式会社

(塚本直樹)