Amazonの新オフィスには、森がある

Amazonの新オフィスには、森がある 1

あるところにAmazonの森という楽園があり、そこの木の実は、プライム会員なら食べ放題だそうな(嘘)。

最近、建設されるオフィスは遊び心や憩いの場があるものが多いです。ボルダリングやすべり台、広々したソファ、テラスにコーヒースタンド、なんてね。ネットショッピングの巨人、Amazonが考える新オフィスに必要なもの、それは…、

森ができるのは、アメリカはシアトルに増設中のAmazonオフィス「spheres」。エンジニアが自然に触れリフレッシュすることで生産性をあげる、それが森の役目です。

ネタ元のNew York Timesは、この森を、「3フロアほどある巨大な木の下でリフレッシュ。つるが茂る壁の部屋でミーティングし、室内を流れる小川の横でケールシーザーサラダを食べる」と表現しています。また、ツリーハウスも複数あり、それらが吊り橋で繋がっているという話も。

森にやってくる植物も、世界中から集めてきます。エクアドルからシナモンやキャンディの香りがするランを、ナミビアからウェルウィッチアという普通の人は知らない、珍妙な形の植物を持ってくる予定だといいます。オフィスにいながら、世界の植物が楽しめるのはAmazon社員だけ! (今後の一般ツアー開始に期待。)

オフィス内の緑は、室内の空気をより良いものにするだけでなく、精神的な健康作りに役立つという研究もあります。Amazon然り、Apple然り、最近のオフィスは緑があってこそ。

Amazonの森オフィス、完成&公開は2018年を予定。正直、出来上がるのがめちゃくちゃ楽しみです。ツアー行きたいよね!

iImage: SounderBruc/Flickr

source: New York Times

Angela Chen - Gizmodo US[原文

(そうこ)