BABYMETALやスリップノットがライブで稼ぐ金額

BABYMETAL スリップノット ライブ

総額だけでなく、チケット代や座席数との相関にもご注目

たとえばメタリカがライブを行なうと、億単位の稼ぎがあるという事実は前回ご覧頂いた通り。ではもうちょっと若手のバンドが、最近行なったライブで稼いだ金額はどうでしょうか?

今回はMetal SucksにてThe PRPが掲載した、最新情報をお届けします。皆さんが気になるのはどのバンドでしょうか? ホンの一例ですがどうぞ。

バンド名:スリップノット、マリリン・マンソン、オブ・マイス・アンド・メン

場所:ブリヂストン・アリーナ(テネシー州ナッシュビル)

開催日:2016年6月28日

総収入:約3400万円(319,103ドル)

来場者数/座席数:7,443名/13,995席

チケット代:79.95ドル、29.95ドル


バンド名:BABYMETAL

場所:プレイステーション・シアター(ニューヨーク州ニューヨーク)

開催日:2016年5月4日

総収入:約1100万円(103,010ドル)

来場者数/座席数:2,150名/2,150席

チケット代:49.50ドル


バンド名:サリー・エルナ(ゴッドスマックのVo.)

場所:モヘガンサン・アリーナ(コネチカット州アンカスビル)

開催日:2016年7月16日

総収入:約730万円(68,475ドル)

来場者数/座席数:2,739名/4,554席

チケット代:25ドル


バンド名:イン・ディス・モーメント、ヘルイェー、シャーマンズ・ハーヴェスト、サンフラワー・デッド

場所:ジャナス・ライヴ(フロリダ州セントピーターズバーグ)

開催日:2016年7月1日

総収入:約320万円(30,016ドル)

来場者数/座席数:1,198名/2,000席

チケット代:28ドル、24.50ドル

なるほど、さすが「メタル・ゴッド」のロブ・ハルフォードと共演するだけあってBABYMETALは満員御礼ですね。しかもチケット代は丁度良いお値段。反対にスリップノットは空席がかなりあったようですが、それでもキャパが大きいのと高いチケット代のお陰でなかなかの収益です。

大きなハコで演奏するには、それ相応の人気と実力が必要なのも考慮しなければいけません。ですが地方では小さい会場しかない……という場合もあったりして、こうしていろいろ考えを巡らせるのも楽しいかと思います。将来は、この中から億単位の稼ぎをだすバンドが出てくるかもしませんよ。

image by Metal Sucks

source: The PRP via Metal Sucks

岡本玄介