人間が交通事故に耐えられる体に進化したら、こうなる

人間が交通事故に耐えられる体に進化したら、こうなる 1

こんな進化はいらない!

当然のことですが、人間の体は交通事故に耐えられるようにはできていません。では、交通事故に耐えられるように人間の体が進化したらどうなるのか?

その疑問に答えようと、オーストラリアのアーティストと研究者が集まり、ご覧の「Graham」をデザインしたのです。彼の体は、完璧な人間の象徴です。といっても、車に乗って事故に遭っても完璧に耐える人間、という意味でですが。

この細かい乳房を持つ像は、オーストラリアのヴィクトリア州によって、交通安全の認識を高めるために制作された作品です。注目を集めるのが目的だったそうですが、まぁそういう意味では大成功と言えるでしょう。一度見たら忘れないし、こうやって皆に広めたくなりますしね。

人間が交通事故に耐えられる体に進化したら、こうなる 2

「車の進化のスピードは人間よりも非常に速く、私たちが交通システムを改善し続け自分たちの身を守らなければいけないことをGrahamは教えてくれるのです」とThe Guardianに語るのはヴィクトリア州の運輸事故委員会のJoe Calafioreさん。

Calafioreさんは正しいかも知れませんが、この作品はインフラや車中心の社会よりも個人にフォーカスしているように見えます。

考えてみれば、我々がテクノロジーを使って行なっていることのほとんどは、もともとの人体の構造では想定されていません。人間の身体は、コンピューターの前に座って長時間タイピングするのに適した構造ではないし、飛行機を操縦したり、近所を歩きまわってバーチャルなモンスターをゲットするためのものでもありません(まぁ、実体のある動物はゲットしていたでしょうが)。

こちらのビデオは、なぜGrahamが不気味なまでのディテールにこだわって作られたのかが説明されています。こちらの公式ウェブサイトではGrahamを360°で見ることができますが、悪夢になって出てくる可能性がさらに増えるかも知れません。使われている音楽まで、ジョナサン・グレイザー(レディオヘッドなどのビデオを手がけた映像作家)感があってバッチリかみ合ってます。

今夜はぐっすり眠れるといいですね。おやすみなさい!

source: The Guardian

Matt Novak - Gizmodo US[原文

(scheme_a)