ついに牙城は崩された。ChromebookでWindowsを動かすことに成功

ついに牙城は崩された。ChromebookでWindowsを動かすことに成功 1

ガッツポーズの大きさがすべてを語っています。

激安ノートパソコンとして知られる、Chromebook。2万円台から購入可能なことが人気ですが、Chrome OSしか使えないなど、正直、安い分だけそれなりかな、という感じもあります。

そして今まで、Chromebookに使われているLinuxベースのChrome OSをハッキングするのは非常に難しいとされてきましたが、ついに、ChromebookでWindowsを動かした猛者が現れましたよ。

ブログでその成果を報告していたのは、CodeWeaversという企業。MacでWindowsを動かせる「CrossOver Mac」という商品を販売しています。はたして、その方法とは…。

今年の5月に行なわれたGoogle I/Oにて、Chrome OSですべてのAndroidアプリが使えるようになったと発表がありましたが、CodeWeaversのハッカーはこのニュースを逃しませんでした。

使われたのは、AcerChromebook R11という端末。これには、Intelのチップが内蔵されているのですが、同じ種類のチップがWindowsのPCにも使われています。詳細は明かされていませんが、ハッカーはこの点に注目したとのことですよ。

今のところ、上述のAcerの端末のように、Intelチップが入ったものでしか動かせないようですが、同社では、今年中にはAndroidが動くすべてのPCでこれを実現したいと語っています。

安くてWindowsが動くなら歓迎ですが、はたしてどうなりますでしょうか。続報を待ちたいところですね。

source: CodeWeavers via Android Police

Alex Cranz - Gizmodo US[原文

(渡邊徹則)