暗黒卿が来る。「スター・ウォーズ」VRプロジェクトのティザー映像

ダース・ベイダーVR

ILMxLABによる、「スター・ウォーズ」のVRプロジェクトティザー映像が公開されました。

木が燃えるような音と「エピソード3/シスの復讐」のパルパティーンがアナキンを暗黒面に誘惑するセリフが流れる中、暗闇の中に浮かび上がる黒いシルエットと赤い一筋の光……。

こちらはILMVisualFXが公開した、Star Wars Celebration Europeにて発表された、ダース・ベイダーがメインのVRプロジェクトの映像です。

本作の脚本を手がけるのは「ザ・クロウ」、「ダークシティ」などのカルト映画や、「ブレイド」三部作、クリストファー・ノーラン監督の「ダークナイト」シリーズ、「マン・オブ・スティール」、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」などのDCコミックス作品も担当した、映画脚本家のデヴィッド・S・ゴイヤー。ゲームの世界でも「コール オブ デューティ ブラックオプス」と「コール オブ デューティ ブラックオプス2」の脚本を手がけています。

ゴイヤーのコメントと今回のティザーから察するに、銀河の星々をダース・ベイダーが回り、ジェダイや敵対勢力をメッタメタにしていくのがVRで堪能できる作品になるのでしょうか?

自分がベイダーになれるのか? それともベイダーにやられる反乱軍の役回りなのか?といったことも含め、まだまだ謎の多いプロジェクトですが、続報に期待です。

image by YouTube
source: YouTube

Rob Bricken - Gizmodo io9[原文
abcxyz