「銀河ヒッチハイクガイド」のD・アダムス原作の探偵コメディー「ダーク・ジェントリー」予告編

探偵コメディー「ダーク・ジェントリー」

全体論的秘密探偵社。

映画「クロニクル」や「エージェント・ウルトラ」を手がけた脚本家のマックス・ランディスが、「銀河ヒッチハイクガイド」のダグラス・アダムスの同名小説を映像化したドラマ、「Dirk Gentlys Holistic Detective Agency(原題)」の予告編が公開されました。

こちらはmoviemaniacsDEの動画。

あらすじ:トッド(イライジャ・ウッド)は億万長者の殺人事件をきっかけに、超天才探偵のダーク・ジェントリー(サミュエル・バーネット)の犯罪捜査の冒険に巻き込まれ、恐ろしい敵と出会い、おかしな世界へと足を踏み入れる――

「銀河ヒッチハイクガイド」のD・アダムス原作の探偵コメディー「ダーク・ジェントリー」予告編 1

女性「探偵には見えないわね」
ダーク・ジェントリー「探偵に見える探偵なんているわけないじゃないですか。探偵っぽく見えないのが探偵にとって一番大事なことですよ」

ダーク・ジェントリー「協力しようがしまいが、世界はこの事件に君を関わらせる。君は今や捜査に欠かせない存在なんだ」

映像を見ても一体どんな話なのかはよくわかりませんが、原作はダグラス・アダムスがドクター・フー」用に書いた脚本の要素を盛り込んだ小説で、SFとファンタジー要素のあるコメディー作品です。

Colliderに掲載された製作総指揮と脚本を担当するマックス・ランディスのインタビューによると、「モンティ・パイソン」、「フォルティ・タワーズ」、「シャーロック・ホームズ」、「クルーゾー警部」といった作品に影響を受けているんだとか。

ランディスはアメリカ人ですが、イギリス的なシュールでちょっと皮肉っぽいユーモアのあるシリーズになるのでしょうか……?

「Dirk Gentlys Holistic Detective Agency」はBBC Americaで、2016年10月22日に放送開始。

image by YouTube
source: YouTube, Collider

傭兵ペンギン