ディズニーの「スター・ウォーズ・ランド」のコンセプトアートが公開

ディズニーの「スター・ウォーズ・ランド」のコンセプトアートが公開 1

X-ウイングが飛ぶ!?

ディズニーランド(米カリフォルニア州)とウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(米フロリダ州)にオープンが予定されている「スター・ウォーズ・ランド」

完成はまだまだ先ですが、そのコンセプトアートDisney Parks Blogに公開されました(拡大版)。

14エーカーのスター・ウォーズ・ランドは、ディズニーリゾートにある単独のテーマのランドとしては過去最大のものになります。この惑星にどんな住民やエイリアン、ドロイドが住んでいるのか、そして新情報はDisney Parks Blogにアップしていくので、お見逃しなく。

とのこと。14エーカーというと約5.7ヘクタールなので、「スター・ウォーズ・ランド」は東京ドーム1個分以上の広さ

コンセプトアートでは、手前を飛ぶ「フォースの覚醒」に登場したT-70 X-ウイング・ファイターが目立ちますが、よく見ると、ミレニアム・ファルコン号やインペリアル・シャトルらしき宇宙船が停泊しているのも見えます。また、X-ウイングの左にはひっそりとコレリアン・コルベットも(「エピソード4」の冒頭でレイア姫が乗っている宇宙船のタイプ)!

先月のアトラクション用のドロイドのお目見えに続き、少しずつ情報が明かされているので、今後も続報には要注目です。

image by Disney Parks Blog
source: Disney Parks Blog via GeekTyrant

abcxyz