Facebookの「インターネット・ドローン」がテスト飛行に成功。予定の3倍もの飛行時間を記録

Facebookのインターネット・ドローン「Aquila」

世界中にインターネットを!

「世界の隅から隅までインターネットを届ける」というFacebookのマーク・ザッカーバーグCEOのが現実へと1歩近づきました。Facebookの考えるネット供給方法、ソーラー発電のインターネット・ドローン「Aquila」のテスト飛行が成功したとFacebookが発表しました。

初成功となったのは、先月、6月28日、アリゾナ州ユマで行なわれたテスト飛行。予定していた飛行時間30分を超え、96分も飛ぶという調子の良さで大成功!

Facebookのインターネット・ドローン「Aquila」のグラフィック

実験で多くのデータを取得できたことで、今後の課題もいくつか見えてきました。ひとつは重量です。ドローンというとテーブルに乗せられるくらいの小さなサイズを想像してしまいますが、Facebookのネット・ドローンは、ジェット旅客機のボーイング737よりも翼長があります。長時間飛ばすため、1,000ポンド(約450キロ)以下のカーボンファイバーのボディもありますが、まだまだ軽量化が必要です。もうひとつはエネルギー。電力を太陽から得るため、昼の間に夜のエネルギーも蓄えねばなりません。省エネ化はどこまでやってもやり過ぎることがない、最重要課題のひとつ。その他にも、コントロールシステムや通信手段など、さまざまなデータから改良を重ねるべきところが見えてきました。

世界中どこにいてもインターネットがあるというFacebookの壮大な夢。まずは、今回のテスト飛行成功で実現に向けて前進しました。おめでとう&期待しています。

image by Facebook

source: Facebook

(そうこ)